2013年10月23日

展示のお知らせ10月〜

F12号 その先へ 大谷郁代(画質低い).jpg

大谷郁代「その先へ」F12号 
2013年10月制作 紙にパステル

お久しぶりです。
本ブログをご覧いただいている方、ありがとうございます。
随分と更新に間が空いてしまいました。
もう秋ですね。って台風きてますけども。
秋と言えば芸術の秋ということで、展覧会のお知らせです。

IMG.jpg

「 次代を創るヒロインたち 」
会期:10月30日(水)―11月12日(火)
場所:JR大阪三越伊勢丹 6階アート解放区

出品予定作家:
出品作家
大谷郁代 阪東佳代 伊勢田理沙 本木ひかり 浅村理江 菅野瑠衣
舟田潤子 谷口朋栄 西尾早苗 北川安希子 山沖由里

私は新作2点(12号と8号)を出品します。
どうぞよろしくお願いします。
年末に向けて私にしては公私共に多忙でございまして(^−^;)
会場にはあまり行けそうもありません。
すみません〜(;×;)

11月末ごろから12月にかけて、2つ展覧会に出品する予定です。
またお知らせしたいと思います。
それでは〜
がんばります!
季節柄、皆様もお体に気を付けて。

2013年08月29日

雑誌掲載と展覧会のお知らせ

お久しぶりです。
先日LIONCEAUX PLUS展 Vol.3が終了いたしました。
たくさんんのご来場をいただき、また応援の言葉もいただき、
誠にありがとうございました。
ますます制作に励みたいと思います。

さて、雑誌掲載のお知らせです。
8月25日発売の月刊ARTcollectors'(アートコレクターズ)9月号に作品が掲載されました。
http://www.tomosha.com/collectors/
特集は「今が「買い!」の新人アーティストたち 2013年版新人特集」です。

C054_20130816183120.jpg

69ページ「画廊・本誌編集部がお奨めの新人アーティストたち」にちょっこっと。
そしてインフォメーションとして
10月にJR大阪伊勢丹三越さんでグループ展に出品する予定があります。
会期は10月30日〜11月12日
詳細が分かり次第、またこちらでお知らせします。
私は新作を2点ほど出品します。

続きまして、出品する展示のDMが届きましたのでお知らせを。

IMG-1.jpg

《 第4回気鋭若手作家たち展 》
会期:平成25年9月5日〜10日
場所:高知大丸本館5階美術画廊(最終日は午後4時閉場)
http://www.kochi-daimaru.co.jp/topics/art.html

お近くの方、どうぞよろしくお願いいたします。
それでは、簡単ながらお知らせまでに。
急に朝晩が少し涼しくなってきましたが、皆様お体に気を付けて。


2013年08月07日

展覧会のお知らせLIONCEAUX PLUS Vol.3

image.jpg

image.jpg

今月8月21日から始まる展覧会に出品させていただきます。

LIONCEAUX PLUS Vol.3
〜華咲け現代洋画の俊英たち〜

会期:8月21日(水)〜27日(火)
会場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊
午前10時〜午後7時〈最終日は午後4時閉場〉
【現代洋画壇で活躍する40代までの若手人気作家約40名を三越が選抜した新しいグループ展。今、華ひらくさまざまな個性、若き才能をぜひご高覧ください。】
私は15号と6号の計2点を出品する予定です。

画像1は今回の展覧会図録表紙部分。
図録には各作家1ページに出品作品1枚、コメントなどが掲載されています。
会場で販売されるので、併せてご覧頂ければと思います。
ちなみに…掲載期限の時に完成しておらず、その後も制作をしておりますので
図録の写真と本物の作品とはちょっと違います。
(もちろん構図やモチーフが変わるようなことはありませんが)
人から見たら、もしかしたら、何が変わったんだろう、と思われるかもしれませんが(⌒-⌒; )
実際の作品の方が各段に良くなっていると思います。
是非、会場にて観ていただければ、とお願いします。

出品作家のギャラリートークもあります。
8月24日(土)午後2時〜
詳しくは三越ホームページをご覧ください。
三越の美術↓
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/art/info02.html#15

現代の洋画25に掲載

image.jpg

現代の洋画25(マリア書房)に作品を掲載いただきました。
先日終了した個展の出品作品です。

ブログでの御礼が大変遅くなってしまいましたが、
この度のギャラリー和田での個展にお越しいただいた方々、誠にありがとうございました。
ご記帳いただき、ご住所が分かる方にはお礼状をお送りさせていただきましたが、
お届けすることが出来なかった方に向けて重ねて御礼申し上げます。

「現代の洋画」ですが、7月10日発行です。
価格が9500円とちょっと高価ですが、292人の作家の新作とプロフィールがオール1ページカラーで掲載されています。
ご興味があれば大手書店やコチラ↓でお買い求めください。
http://shop.mariashobo.jp/?pid=61177701
どうぞよろしくお願いします。

2013年06月30日

個展開催中

大谷郁代展 入口.jpg

「大谷郁代展」が銀座のギャラリー和田で開催中です。
展覧会会期もあと3日。
6月24日から始まり、私も昨日29日まで在廊しておりました。
たくさんの方に観に来ていただき、本当に感謝しております。
ありがとうございます。
まだご覧いただいてない方がた、この機会に是非どうぞよろしくお願いします。
3号〜50号の作品、20点を展覧いただけます。
おもてに16点、奥の部屋に4点ほど掛かっています。せっかくなのでお見逃しのないようお願いします。

展示風景.jpg

ギャラリー和田さんのホームページから今回の出品作品をご覧いただけます。
http://www.gallery-wada.jp/tenrankai/koten/13/tenrankai-13ootaniikuyo.html

大谷郁代展
会期:2013年6月24日〜7月3日
11時〜6時30分
場所:ギャラリー和田
東京都中央区銀座1-8-8三神ALビル
пF03-3561-4207

パステルで描いていますので、画像では伝わらない風合い、雰囲気があります。
是非、実際の作品を観ていただければ、と思います。

月刊美術7月号.jpg

ブログでのご案内が遅れましたが、6月20日発売今月の「月刊美術7月号」に個展の案内を掲載いただいております。
「今月の注目展」163ページ
個展出品作品3点と個展のテーマなどに関する記事をかいてもらいました。
今回の特集は「魅惑の女性像」
どうぞよろしくお願いします。
月刊美術http://www.gekkanbijutsu.co.jp/

2013年06月17日

個展のお知らせ

2013年個展DMIMG.jpg

2013年個展DM宛名面IMG解像度.jpg

あと1週間で個展が始まります。

大谷郁代展

会期:2013年6月24日(月)〜7月3日(水)
11:00AM-6:30PM 日曜日休廊

場所:ギャラリー和田
〒104-0061
東京都中央区銀座1-8-8三神ALビル
пF03-3561-4207
http://www.gallery-wada.jp/

会場にて作品とともにお会い出来ることを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いします。



2013年05月25日

月刊アートコレクターズ6月号に作品掲載

大分、気温も上がってきましたね。
個展もいよいよ来月24日からとなりました。

月刊アートコレクターズ6月号(25日発売)
http://www.tomosha.com/collector/

image.jpg

image.jpg

巻頭特集の「「女とは?」描かれた魅惑の女性たちを一挙紹介」
○巻頭グラビア「現代作家が描く絵の中の女」
  鈴木英子/島村信之/大谷郁代/山本大貴/八木原由美/チャプリ/加藤裕生/塩谷亮/渡抜亮/入江明日香/加藤ゆわ
として、1ページで大きく掲載していただきました。(20ページ)
ARTcollectors'さん、ありがとうございます。
とても嬉しくて、個展に向けて、ますます頑張ろうと励まされます。
掲載いただいたのは次の個展に出品する新作作品です。
お問い合わせはギャラリー和田さんまでお願いします。
http://www.gallery-wada.jp/home.html
雑誌は全国書店、ネットでも注文出来ますので、どうぞよろしくお願いします。

個展DMも出来上がりました!
こちらの方は20号の作品です。
希望される方がおられましたら、http://www.ohtaniikuyo.com/contact.htmの方からメールで
DM希望と書いてお名前と住所(郵便番号もお願いします)を送って下さい。

それでは〜

2013年04月14日

個展と4月展覧会のお知らせ

もう、春ですね。
しばらくぶりのブログです。
この間にアクセスしてくれていた方々、すみませんバッド(下向き矢印)
何より、ありがとうございますexclamation

昭和会展が終わり、ってもう2月の話ですが、その後怒涛のように日が流れ、こんな日になってしまいました。
それというのも、6月の個展に向けて、猛チャージで制作していたわけです。
今月号の月刊美術4月号「春だ、展覧会へ行こう。注目展×120一挙掲載」
http://www.gekkanbijutsu.co.jp/
でもインフォメーションとして載せていただいています。

月刊美術4月号.png

============================================================================

【 大谷郁代展 】

ギャラリー和田.jpg

「幸せな時間」P20 大谷郁代のコピー.jpg

大谷郁代「幸せな時間」P20号 紙にパステル 2010年個展出品作品

会期:2013年6月24日(月)〜7月3日(水)
   11:00AM〜6:30PM 日曜日休廊
場所:ギャラリー和田
http://www.gallery-wada.jp/home.html
〒104-0061
東京都中央区銀座1-8-8三神ALビル
TEL:03-3561-4207
FAX:03-3561-0276

ギャラリー和田大谷郁代展.JPG

============================================================================

前回の和田さんでの個展は2010年で、その時の出品作は和田さんのホームページに載せていただいています。(↑ギャラリー画像は2010年個展の際撮ったものです。下記ページも良かったら参考までにご覧ください↓)
http://www.gallery-wada.jp/tenrankai/koten/10/ohtani%20ikuyo/tenrankai-10ohtaniikuyo.html
また会期が近づいてDMが出来上がりましたら、ブログでもインフォメーションさせていただきます。
精一杯制作していますので、とにかく今の自分の作品が出せると思います。
作品数はおよそ20点ぐらい。
どうぞご期待ください。

そして、今月は以前に制作した旧作ですが、2つの展覧会に出品しています。

一つは

============================================================================

【 京都アートフェア2013 〜美しいと出会う〜 】

会期:4/26(金)4/27(土)4/28(日)
   10:00〜18:00(最終日は17:00まで) 
場所:みやこめっせ(京都市勧業館)
   京都市左京区岡崎成勝寺町9番地1
   ブースNO24 瀧川画廊

============================================================================
↑こちらの方は今月号のアートコレクターズNo.49でもインフォメーションされています。

image.jpg

http://www.tomosha.com/books/collector/sample/02.pdf
私の作品「gift」(2009年制作)も載せていただいております。
旧作ではありますが、もし京都の岡崎公園付近にお立ち寄りの際は、どうぞよろしくお願いします。
それからもう一つ、

================================================================================

【 しんわ美術展 特別企画展〜絵画と写真と民話で綴る歴史・文化の潮流〜 】

24今を想う.jpg

大谷郁代「今を想う」M30号 紙に木炭 2007年制作 第19回しんわ美術展金賞

会期:4月18日〜4月29日

展覧会概要:全国公募の「しんわ美術展」が今年で25回目を迎えるのを記念した特別企画展。「絵画と写真と民話で綴つづる歴史・文化の潮流」と銘打ち、計4の企画展で構成。歴代の最優秀作をはじめ、創業約140年の江見写真館(津山市)所蔵の作州地域の古写真、山陽新聞連載記事、地元劇作家の民話カレンダーなど計約240点を一堂に展覧する。期間中、各展示担当者が作品を解説するギャラリートークもある。

場所:アルネ・津山4階市立文化展示ホール
住所:津山市新魚町
   津山しんわ文化財団事務局
 пF0868―22―4121
WEB:http://www.shinkin.co.jp/tsuyama/pdf/tokubet119.bmp

↑ちょうど2007年の受賞式で津山に行ったときの画像がありました。懐かしい…
しんわ美術展には広島市立大学在学中の2003年時にも銅賞をいただき、(その時はアクリルと油彩で描きました)その時話したしんわ文化財団の方々のお言葉に、元気づけられ、励みにさせていただきました。
今回、このような展示をしていただけるということで、とても嬉しく、是非岡山まで観に行きたいのですが、なかなか時間が取れそうもありません。申し訳ないです。
岡山は倉敷の大原美術館は言うまでもありませんが、他にもとても素晴らしい美術館があります。
上画像とともにその時観に行って撮影した「奈義町現代美術館」の画像を見つけたのでご紹介します。

107.bmp

108.bmp

109.bmp

110.bmp

111.bmp

112.bmp

113.bmp

114.bmp

115.bmp

117.bmp

118.bmp

岡山県津山市出身の画家、有元利夫さんの画集も購入。↑ミュージアムカフェで一杯。
図書館も中2階があり、素敵な雰囲気でした↓
116.bmp

美術館メモ:
国際的に活躍されている荒川修作+マドリン・ギンズ、岡崎和郎、宮脇愛子の4人の芸術家に一般の美術館では収集不能とされる巨大作品をあらかじめ制作依頼し、その作品、又その全体の空間を作家と建築家が話合い、美術館として建築化したもので作品を本尊にたとえれば建築家はそれに覆い屋を架けるという発想から建てられた、いわば、作品と建物とが半永久的に一体化した、美術館です。
美術館は、太陽、月、大地と名付けられた、外部からも明らかに認知出来るような形の3つの展示室から構成され、この土地の自然条件に基づいた固有の軸線を持っています。「太陽」の軸は南北軸、「月」の平坦な壁は中秋の名月の午後10時の方向を指し「大地」の中心軸は、秀峰那岐山の山頂に向かっています。

http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/

もししんわ美術展を観に行く際はご一緒にいかがでしょうか。
広島とか、九州の方へもまた行きたいなぁ…
あ、この「今を想う」の取材場所は大分の湯布院美術館です。
未来の自分に絵手紙を送るコーナーがあり、何年後のいついつに着くように指定出来る手紙で、その時に指定した場所に届くようになっています。
その時一緒に旅をした友人を描いた作品です。
バイクで九州をツーリングしていました。また行きたいなぁ。

くしくも、今回の個展のテーマは「旅 Voyage」です。
アトリエからどこへでも行けるような気持ちで、それぞれの旅を描いています。
50号の作品も制作中。
お楽しみに!

大変長くなりましたが、ここまで読んでくださいまして、ありがとうございました。
時間がなくしばらく更新出来ないと思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いします。
お元気で。

2013年02月04日

第48回昭和会展 と東京で観た展覧会

日動画廊入口.JPG

昭和会展.JPG

【 第48回 昭和会展 】が開催されています。
【会期】 2013年2月1日(金)〜15日(金)
【会場】 日動画廊(東京都中央区銀座5−3−16)電話1(プッシュホン)03−3571−2553
【休廊】 日曜 
【開廊時間】 10:00〜19:00(土曜・祝日は11:00〜18:00、最終日のみ16:00まで)
結果については日動画廊さんのスタッフブログ↓で画像とともにお知らせされています。
http://www.nichido-garo.co.jp/staffblog/2013/02/48_2.html
私は残念なことに(^−^:)入賞には至りませんでしたが、この場に展示させていただき、
色々と勉強になりました。
パーティでは来てくださった皆様、色々ご御意見いただきまして、ありがとうございました。
また今後の作品も観てくだされば嬉しいです。
もっともっと良い作品に必ずなる予定ですので 笑

今回の上京で、また色々と展覧会を観に行きました。
日動画廊さんの近く、泰明画廊さんでは
加藤千春さん個展.JPG

【 加藤千奈さんの個展 】がやっていました。
http://www.taimei-g.com/c/artist/kato/2013/201301/kato_201301.html
作家さんもいらっしゃって、ずーっとしゃべり続け、かなり長居してしまいました。
まだ芸大在学中の若い作家さんで、お洒落な感覚で鳥をモチーフに画面を構成されていました。
色合いも可愛いですが、落ち着きがあって素敵でした。
色々話せて楽しかったですが、ご迷惑ではなかったでしょうか…ずーっと居てすみません。
鳩サブレやらクリームパンやらお茶やらいただき続け…ありがとうございました。
画廊の方にこの前行けなかったエルグレコ展のチケットもいただき…

エルグレコ展入口.JPG

行ってきました。
【 エル・グレコ展 】
躍動する画面 ―新たなエル・グレコ像に迫る
没後400年を迎えるスペイン絵画の巨匠エル・グレコの国内史上最大の回顧展です。
目に見えないものを見えるようにするという信念で表現された画面は、命が輝いているようでした。
慈悲深い女性の表情は本当に美しかったです。
【会期】 2013年1月19日(土)〜4月7日(日)
【会場】 東京都美術館 企画展示室

西洋美術館.JPG

西洋美術館入口看板.JPG

国立西洋美術館にも行きました。
3月2日から日本初の【ラファエロ展】ですね。
今は常設展でしたが、新収蔵作品も何点か展示されていてすごく見応えのある展示でした。

DOMANI.JPG

【 DOMANI・明日展 未来を担う美術家たち 文化庁芸術家在外研修の成果】
http://domani-ten.com/
国立新美術館 2月3日(日)までで、この間行けなかったので行ってきました。
それぞれ独自の世界観を追求し、様々な活動をされている12名の注目若手作家が一堂に会する展覧会です。
今展では、会場の出口付近に「What’s ドマーニ」コーナーが設けられ、
過去のポスターや作家の派遣先の世界地図や、出品作家それぞれの絵入りの手書きメッセージなんかも展示されていて、それぞれの言葉が実感があって、あたたかく感じました。
撮影も可能でしたので、その様子↓

塩田千春作品.JPG

新美術館展示室2.JPG

会田誠展看板3.JPG

会田誠展看板2.JPG

会田誠展看板.JPG

【 会田誠 展 天才でごめんなさい】
奇才 会田誠の全貌が明らかに!
デビュー以来20年以上にわたる会田誠さんの混沌の全貌を、新作を含む約100点を通して明らかに。
ということで、もの凄いボリュームの大変エンターテイメント性の高い楽しい展覧会でした。
http://www.mori.art.museum/contents/aidamakoto_main/about/index.html
会期:
2012年11月17日(土)−2013年3月31日(日)
会場:
森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
ブッと吹き出してしまう面白さ、なんか悲しいけど分かる現代日本人のちょっと虚しいけど愛おしくもある部分、矛盾ということ、混沌をありのままに見せることで、現実を納得させる力を感じました。
その力に圧倒されました。エネルギーに満ちていて、本当に「天才でごめんなさい」って感じです。
凄いな〜 私って本当、普通人。
会場では来場者が作品を観て、様々な意見を言い合い、笑い出したり(私も一人で笑ってしまった)本当に良い展覧会やなぁと感じました。笑った後に色々考えます。

考えない人.JPG

↑「考えない人」って作品 笑

考える人.JPG

そして↑ロダンの「考える人」(国立西洋美術館前にて)

東京シティビュー.JPG

折角なのでシティビューも観て回って…

損保ジャパン看板.JPG

損保ジャパン入口.JPG

【フィナーレ選抜奨励展 輝く12の視座】
2001年から12年間にわたり開催された『損保ジャパン美術財団選抜奨励展』のトップ賞「損保ジャパン美術賞」受賞作家12名の近作・新作を紹介するグループ展を観てきました。
各ブースに分かれていて個展がいっぱいある感じです。
会期:
2013年1月12日(土) − 2月17日(日)
月曜休館(ただし1月14日・2月11日は開館)
会場:
損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン本社ビル42階
開館時間: 午前10時−午後6時(入館は閉館30分前まで)

昨年のてわざ展に出していた杉本克哉さん、小野さおりさんのブースが面白かったです。

コーンタワー新宿眺め.JPG

↑東郷青児美術館からの眺め。すごい形のビルやなぁ〜
あと【フィールド オブ ナウ(洋協アートホール)】という展示も最終日、観てきました。
それぞれのギャラリーが各ブースで個展を発表していて作家さんもたくさんいらっしゃいました。
それから西武池袋本店のアートギャラリー【関菜穂子日本画展】。
会期:2013年1月30日(水)〜2月5日(火)
※最終日2月5日(火)は、当会場のみ午後4時に閉場。
作家さんも在廊されていて、ギャラリーの方々と共に色々と話せて良かったです。
ありがとうございました。

展覧会についてはこんな感じで…
「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」の招待券もいただきましたが
今回時間が無くて、横浜美術館までは行けませんでした…せっかくいただいたのにすみません。
山種美術館の招待券も。ご厚意、ありがとうございました。

さて、美術館のレストランのごはん、スイーツ特集本も出てますが、
今回食べたもの紹介。

カフェからの眺め2.JPG

国立西洋美術館の中庭に面したゆったりとした空間のカフェレストラン。
西欧料理を中心に、ケーキやコース料理など充実したメニューが好評だそうです。
「CAFÈ すいれん」 
都美館のレストランでもありましたが、特別展に合わせてのメニュー「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」とかがあるみたいです。

西洋美術館ランチ.JPG

アイスとコーヒー.JPG

↑これは普通のランチコース
デザートとコーヒー付。とっても美味しかったです。

ビーフシチュー.JPG

ミュージアムカフェ 東京藝術大学大学美術館↑ホテルオークラさんが入っているそうです。
ハッシュドビーフを食べました。
ってこんなグルメリポートしようとしても私は何を食べても大体美味しいし、嫌いなものが一切ないので(^−^;)あんまりあてになりませんが。

まぁそんなわけで、長々とお読みくださり、ありがとうございました。
色々観たり、自分の展示を観たり、色々お話しを聞いたり、話したりすることで
6月の個展に向けて更に精一杯がんばりたい!って気持ちになりました。
どうぞご期待ください。
がんばるぞー!!

2013年01月31日

三越特選会終了と芸大卒展

三越特選会看板.jpg

2013年Winter三越美術特選会展が終了いたしました。
ご来場いただきました皆様、三越美術部の方々ありがとうございました。
私も27日、28日と会場にしばし居ました。
直接、お客様や三越の方々から作品について、ご感想やご意見などお話し出来て、とても良い機会をいただきました。
ますます、頑張ってまいりたいと思います。

大谷郁代「Rouge」P8.jpg

「 Rouge 」
大谷郁代
P8号
パステル/紙

↑カタログに掲載していただいていた出品作品です。

アラベスク.jpg

もう一点は↑

「 アラベスク 」
P8号
パステル/紙

今回、6階の美術画廊では大学の日本画の先輩、王培さんが個展をされていて、ギャラリートークでお会いすることができました。
もんのすごく久しぶりにお会いしたので、覚えていらっしゃるか、ちょっと声を掛けるのをためらってしまいましたが(^−^;)、王さんの極上の笑顔にホッとしました。
いつ見ても綺麗な人だなぁ〜
ギャラリートークを聞きにきていた日本画の同期生の友人にも久しぶりに会い、なんか偶然に感動するとともに、同じ世界にいれば、離れていてもまた何かしら縁があって、会えるもんやなぁ〜と思いました。
東京で暮らす共通の友人とともに、久しぶりに飲むことも出来たし、楽しい上京でした。
私は見た目がわりと若く見える方だと心のどっかで思っていたのですが(^^)、すかさず、年相応だと何度も念押しされました…自惚れるなと 笑
まぁ卒業してから9年もたってるからな〜そんなもんですね。
特選会の会場のミニ個展コーナーでは昨年、銀座三越さんの企画展でご一緒した後藤さんとも話せて、この間の時も個展前でDMをもらったばかりなのに旺盛に展示していて、凄いなぁ〜と感じ、刺激をもらいました。

東京都美術館.JPG

東京都美術館パネル.JPG

そしてちょうど東京芸術大学の卒展がやっているので観てきました。
まずは都美館。

都美館会場入り口.jpg

展示室がたくさん分かれていて、何かシネコンみたいな雰囲気の美術館だなぁと思いました。
月曜日に行っちゃって、エルグレコ展は休室日でした。

都美館彫刻.JPG

彫刻の展示↑
そして大学へ

芸大.JPG

大学美術館校門.jpg

雪がちょっと残ってました。

東京スカイツリーと.jpg

遠くにスカイツリーが見えました。寒かったけど良い天気で気持ちよかった。

安井そうたろうさん.JPG

しかし、都美館、正木記念館、陳列館、大学美術館、絵画棟、彫刻棟、総合工房棟、等とあちこちの展示にたくさんの作品、少々ぐったりしてきてしまいました。
彫刻棟で観た修士「私の彼、小指くらい。」っていう 笑 
アニメーションの音楽が耳に残ってしょうがない。エンドレス。

石膏室.JPG

↑絵画棟の石膏室
やっぱ石膏見ると、受験〜大学〜っていうのを感じるけど、デザインの卒制で「石膏ノイローゼ」ってのがあった 笑 
お決まりの既製の石膏像のヘルメスとかマルスに、「呪」とか「殺」とか「鬱」とか1体に対し1字を恐ろしいほど細かく、耳なし芳一みたいにびっしり書いてる作品がありました。
「あー…」って感じでした 笑

もう大阪ですが、東京での次回の展示は2月1日から始まる「昭和会展」です。
またどうぞよろしくお願いします!
皆様お体に気を付けて。
また作品とともにお会い出来るのを楽しみにしています。
では〜

2013年01月23日

今日から三越の展示と2月の展覧会告知

なんだかんだで2013年も慌ただしく始まってしまい、気づけばもうすぐ2月です。
今日から前回ブログで告知していた【 2013 Winter 三越美術特選会 】がスタートします。
関東にお住まいの皆様、お忙しいことと思いますが、気が向いたらどうぞよろしくお願いいたします。
日本橋三越本館7階・6階を併せて日本画、洋画、彫刻、工芸、ヨーロッパ装飾美術など幅広いジャンルの美術品約1000点を展示されるということですので、
もりだくさんの楽しい展覧会です。
私はパステルで描いた8号の作品2点を出品させてもらってます。
本日初日23日には午後2時より中島千波さんによるギャラリートークもあるそうです。
私は27日日曜日と最終日28日にちょっと観に行かせてもらおーと思っています。
すんごい作家さんの中で、自分の作品がどんな感じにみえるのか(^−^;)あせあせ(飛び散る汗)気になります。

そして行って帰ってきたら、また次の展覧会が始まるので今のうちに告知します。

昭和会DM.jpg

昭和会DM宛名面0001.jpg

【 第48回 昭和会展 】

2013年2月1日(金)〜2月15日(金)
午前10時〜午後7時・日曜日休廊
※土曜・祝日は午前11時〜午後6時、最終日は午後4時まで
場所:日動画廊
東京都中央区銀座5−3−16《数寄屋橋交差点ソニービル隣り》
電話03(3571)2553
http://www.nichido-garo.co.jp/index.html

私は50号と10号2点の計3点を出品します。
2月1日午後5時30分〜7時に授賞式とオープニングパーティがあるそうです。
今回自分としてはパステルで初の50号です。
モチーフ、テーマもこれから描いていこうと考えている新しいものです。
皆様の眼にどのように映るのか、どんな風に感じてもらえるのか、ドキドキ心配もあり、ワクワクもあります。
2月1日、2日は会場にいると思います。
展覧会で作品とともにお会い出来るのを楽しみにしていますので、どうぞよろしくお願いします。

インフルエンザが流行りだしているので、皆様、お体に気を付けて。
私も〆切バテバテで夜行バスの往復、そしてまたリターンと、健康を前提とした予定で生きています。
どうか、熱出ませんよーに。はー頼む。

ではでは〜

2013年01月01日

新年のご挨拶と展示のお知らせ

2013年年賀状.jpg

新年、明けましておめでとうございます
旧年から本ブログを読んでいただいている皆様、
大体月に1、2度の更新でありながら、お付き合いいただきまして、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

毎年ながらこう思いますが、今年はよりもっと制作に励み、もっともっと頑張りたいです。
2013年は何と言っても6月にギャラリー和田さんでぴかぴか(新しい)個展ぴかぴか(新しい)があります。
今年も様々な展覧会を予定していますが、作品とともに皆様にお会い出来ることを楽しみにしています。
精一杯頑張った絵じゃないと顔向け出来ませんからね…頑張らないとダッシュ(走り出すさま)

C046アートコレクターズ.jpg

美術雑誌「2013 No.46 アートコレクターズ」さんの展覧会の告知で作品を掲載いただいております。
今回は瀧下さんの絵が表紙ですね。
瀧下さんのカルタ、すごく好評だったみたいですね。去年和田さんの所に伺った時、私も買えばよかったなぁ。話し込んでしまい、うっかりしてました。
雑誌を開いて1枚めくると、日本橋三越さんの特選会の広告があります。
そこの俊英人気作家として私の作品を載せていただいてます。

それから、展覧会ガイド(P69)のところに近鉄百貨店阿倍野店さんである【リアリズム展】の案内で4号の作品が載っています。
会期:1月17日(木)〜23日(水)
近鉄百貨店阿倍野店HP→http://www.d-kintetsu.co.jp/store/abeno/index_1.html

三越カタログIMG.jpg

日本橋三越さんの特選会ではカタログを作ってくださっているのですが↑
今回、ナント!表紙に掲載いただきました。
わぁ〜ありがとうございます。
分かりますかねあせあせ(飛び散る汗)
横並びで大槻透さん、松尾敏男さん、和田栄作さんの横のピアノの絵です。恐縮ですたらーっ(汗)

【2013 Winter 三越美術特選会】
展覧会概要:
半期に一度の美の祭典。平山郁夫、中島千波の特集をはじめ、巨匠の逸品から若手の新作まで日本画、洋画、彫刻、版画など約500点を展示販売いたします。

会場:日本橋三越本館7階 ギャラリー・本館6階美術フロア
(私の作品は本館7階ギャラリーでの展示です)
会期:1月23日(水)〜28日(月)
23日(水)午後2時〜 中島千波さんによるギャラリートークもあるそうです。

展覧会情報詳細→http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/art/info02.html#11
日本橋三越HPTOP→http://www.mitsukoshi.co.jp/shop?EcLogicName=storeinfo.storetopInfo&tenpoCd=10

私は8号2点の出品です。どうぞよろしくお願いします。

がんばります!
寒さも厳しいですが皆様お体に気を付けて。
幸せな年にしましょう。

2012年12月09日

「リアリズムの世界」展と東京ギャラリー巡り

東京駅.jpg

また夜行バスで行ってきました。
朝の東京駅、美しいです。
ネットで見ましたが、丸の内駅舎をスクリーンに見立てたコンピューター・グラフィックスの映像ショー、めちゃくちゃ凄かったですね。
観に行った人うらやまし〜
http://www.youtube.com/watch?v=N-3yJLTU9OQ

飯田美術.jpg

今回上京しましたのは出品している「リアリズムの世界」展が始まったからです。
観に来ていただいた方々、ありがとうございました。

入り口正面に2点飾っていただいておりました。

展示2012年12月.jpg

飯田美術さんがある「蒲田ビル」はちょっと古くて可愛らしい建物です。

蒲田ビル.jpg

画廊の雰囲気も木調の取り付け棚や家具や照明もアンティークで、独特の高級感があります。
大人の隠れ家的な、ちょっと秘密めいた感じが素敵です。
雰囲気とともに絵を楽しんでいただけたらと思います。
会期は12月13日(木)までですので、良かったら是非ご覧いただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

三菱1号館美術館.jpg

あれー?画廊行ったけど、大谷居なかったぞーと、いう方もいらっしゃると思います。
すみません。色々用事や観に行きたい展示がありまして…
その一つ、上画像「三菱1号館美術館」

三菱1号館美術館2.jpg

建物もとっても可愛くて素敵でした。

シャルダン.jpg

目当ての展覧会は「シャルダン−静寂の巨匠−」展
めちゃくちゃ良かったです。
シャルダンは高校時代洋画コースの練りこみテンペラの授業で模写をしました。
あの時は全員シャルダン限定ということで、なんか圧巻、面白かったです。
私は「女教師」 みたいなタイトルの女教師が指し針を用いて、幼い生徒にアルファベットの書かれた教書で何かを教える姿を描いた作品を模写しました。
あの時は卵テンペラのマヨネーズでチューブの水彩絵の具と混ぜて描く形を教えてもらいましたが、
超乾きが早く、なんか筆がガシガシになって、描きにくーいあせあせ(飛び散る汗)と思ったなぁ。
あと、あっちこっちで小皿にラップしたテンペラが腐ってた 笑 あの実習室の油や色んなものが混じった匂い、今でも思い出せます。青春の匂いです。
その授業がシャルダンの素朴で穏やかな色合い、素敵だなぁと思ったキッカケです。
静物画の静かな輝きは息をのむ美しさですが、シャルダンの風俗画は本当に空気が優しくて大好きです。
コレクションのルドンのパステル画の大作「グラン・ブーケ」(248.3×162.9p)
色彩が輝き、素晴らしかったです。

三菱1号館美術館は各部屋にマントルピースがあり、床板や部屋の雰囲気と絵がマッチしていて、とても幸せな気持ちになりました。窓から見える中庭も素敵だし。
良いものを観させていただきました。
来年1月6日までの会期です。
ブリヂストン美術館の「気ままにアートめぐり−印象派、エコール・ド・パリと20世紀美術」も
カイユボットを観に行ったのですが、そこで「東京駅美術館MAP」という4つ折りのをもらったのですが(1階ミュージアムショップに置いてあります)
それを持ってくと「2館目割り」というのでこのシャルダン展も200円引きしてくれました。
出光美術館、三井記念美術館、三菱1号館美術館が通常よりすべて200円引きですので、どっちも観たい方はお得になりますよ。

あとは百貨店の美術画廊やギャラリー巡りをしました。
泰明画廊さんではタロットカードの4人の作家による原画展をしていて、楽しかったです。
私もサイン付タロットカードをいただきましたが、タロット占いのやり方勉強しなければw
ギャラリー和田さんのジュエルボックス展、企画がクリスマスに合っていてとても可愛かったです。
彩鳳堂さんのミニアチュール展、塩谷さんのシロツメクサの作品がとても素敵でした。
他にも色々と巡りましたが、長くなってきたので、これぐらいで。
あ、でもあともう一つ。

ギャラリー桜の木.jpg

ギャラリー桜の木銀座さんでやっていた「阪本トクロウ そこにある風景」展
作品数もかなりのもので、作品はフラットな中に心の空気感が表されていてとても素敵でした。

では、以上で。
展覧会では色々な作家さんと話したり、飲みに行ったりと交流出来て、良い刺激になりました。
毎度ながら帰りのバスに間に合うのか問題ですが、皆様、ご心配をおかけしました。
無事大阪の方へ帰っています 笑

さーガンガン描くぞー
ではでは。


2012年12月02日

アートコレクターズ12月号で展覧会告知掲載

街ではクリスマス前の、キラキラした賑やかな模様が見られるようになりました。
もう師走かぁあせあせ(飛び散る汗)
今年もあっという間に終わりそうです。
日本橋三越さんでの「ざ・てわざU」展
銀座三越さんでの同世代の若い作家さんと一緒にした展覧会
瀧川画廊さんでの個展
など忙しくも充実した年でした。

今年はあともう一つ、
この間アナウンスした飯田美術さんでの
第7回『リアリズムの世界』展という展覧会に出品します。
もう第1週の展示は始まっていますね。
私は第2週です。もう1点も送りました。

sensitive大谷郁代(画質低).jpg

Sensitive
大谷郁代
M10号、紙にパステル

〇第1週 会期:11月29日(木)〜12月5日(水)
出品作家:西房浩二 原雅幸 増川卓嗣 三嶋哲也
 
〇第2週 会期:12月7日(金)〜12月13日(木)
出品作家:大谷郁代 岡靖知 佐藤功 藤井路夫
 
開廊時間:午前11時〜午後6時(会期中無休)
場所:飯田美術
   東京都中央区銀座6−10−10第2蒲田ビル2階
пF 03-3573-7277
http://www.iida-b.com

このインフォメーションとして
今月の『アートコレクターズ』に作品を掲載していただいております。(P104展覧会ガイド)

アートコレクターズ12.jpg

2012 No.45アートコレクターズ
http://www.tomosha.com/collector/index.html
今月の特集は【酒器のある暮らし】ということで、「もっとおいしくお酒を呑むための酒器選び Q&A」や
河北秀也さん、道尾秀介さん、都築響一さんらの「わたしとお酒」インタビューなど。
わたしも恥ずかしながらお酒を少々嗜みますw
もっぱら家飲みですので、誌上頒布掲載の酒器、気になります。
飲み口が柔らかくて、色合いが可愛いぐい呑と徳利が欲しいなぁ
日本酒がさらに美味しい季節となりました。
 
7日からの展覧会、7日、8日とちょこっと私も在廊する予定です。
作品とともにお会い出来るのを楽しみにしております。
この時期、いろいろ観たい展覧会も多いので、出歩いてたらスミマセンたらーっ(汗)
ブリヂストン美術館でギュスターヴ・カイユボットの「ピアノを弾く若い男」が展示されていますね。
(気ままにアートめぐり−印象派、エコール・ド・パリと20世紀美術−http://www.bridgestone-museum.gr.jp/exhibitions/
お世話になっているギャラリー和田さんも参加「している【銀座ギャラリーズ Xmas アートフェスタ 2012】という企画も楽しみです。

それでは〜

2012年11月20日

第7回「リアリズムの世界」展のご案内

もう11月も半ばを過ぎ、随分と寒くなってきましたね。
先月の個展の最終のご挨拶もしないまま、申し訳ありません。
来て下さった皆様、本当にありがとうございました。

12月、1月、2月と連チャンで展覧会に出品します。
このところは、そのDMやカタログのための作品でいっぱいいっぱいの毎日でした。
まだ終わってませんが…

大谷郁代F8号画質低.jpg

「ドビュッシーが聴こえる」
 大谷郁代
 F8号 紙にパステル

第7回『リアリズムの世界』展という展覧会に出品します。
↑は出品作品の1枚。

会期が2週に分かれていて、私は後半組に入れてもらいました。
2点出品予定で、もう1枚は現在制作中です(^−^たらーっ(汗)
10号でタイトルは「Sensitive」にしようかなぁーと。変わるかもしれないけど、今のところ仮タイトル。
まだ出来てないですが、結構良い感じです 笑
ご期待ください。
 
   〇第1週 会期:11月29日(木)〜12月5日(水)
   出品作家:西房浩二 原雅幸 増川卓嗣 三嶋哲也
 
ぴかぴか(新しい)〇第2週 会期:12月7日(金)〜12月13日(木)
ぴかぴか(新しい)出品作家:大谷郁代 岡靖知 佐藤功 藤井路夫
 
 開廊時間:午前11時〜午後6時(会期中無休)
 場所:飯田美術
    東京都中央区銀座6−10−10第2蒲田ビル2階
пF03-3573-7277
http://www.iida-b.com

リアリズムの世界 画像低.jpg

作品とともにお会い出来るのを楽しみにしております。
そろそろ忘年会シーズンになりますね。
美味しいお酒が飲めるように
がんばりまーす。
それでは、皆様お体に気をつけて。

2012年10月29日

個展の御礼とアートコレクターズ掲載

_9294136.JPG

個展の会期もあと3日となりました。
この度の瀧川画廊さんでの「大谷郁代展−すぐそばの彼方−」を観に来て下さった方々、誠にありがとうございました。
関西では2009年ぶりの個展で、僅かかもしれませんが、作家としての成長も見せられたのではないかと思います。
これもひとえに皆様の温かいご支援があってのことです。
本当に今まで出会った様々な方々に助けられてきました。
ありがとうございます。
今後も益々がんばって、また次の姿を見せていけたらと思います。

2012年個展風景.jpg

母校の広島市立大学油絵専攻の先生から「HPに個展情報載せといたよ」というメールが。
新着情報としてトップページに個展の紹介をしていただいています。
http://www.aburae.art.hiroshima-cu.ac.jp/
先生、お忙しい中ありがとうございます!
というか、後輩が「週刊少年ジャンプ増刊 ジャンプNEXT! 2012年11月号に掲載されました。」というニュースになんか感動。「同期の友人たちの協力もあって完成した労作だそうです。」というのもほほえましい 笑
すごいねー
私も頑張らないと。なんかワクワクしました。
広島から後輩も観に来てくれました。彼女は大学時代、私と似ているとよくM先生に言われていましたが、今やすっかり大人のレディとなっていました 笑 
可愛いお酒もありがとう。なんかもったいなくて開けられないけど、美味しくいただきます。

芳名録を見ると、母校の大阪市立工芸高校の恩師も来てくださっていました。
先生が言ってくれているようで、若き画家を目指す高校生も観に来てくれて、色々話しました。
なんかすごく嬉しいなぁ
高校1年生の瑞々しさに元気をもらいました。

東京のお土産の「ぎんざ 空也」のもなかをいただいたり(かなりの量でしたが1週間かけて全部食べました。超美味しかったです。Uさんいつもありがとうございます。)クッキーをいただいたり、飲みに行ったり食べてばかりですが、幸せです。ありがとうございました。

水曜日までの会期ですが、ご都合よろしければ、どうぞよろしくお願いします。

★それから雑誌掲載のお知らせ。

C044.jpg

2012 No.44 アートコレクターズ http://www.tomosha.com/collector/index.html
発行/2012年10月25日〈掲載内容〉【巻頭特集】この人物画が見たい!!
の「編集部オススメ 人物画」というページで紹介いただいております。
今月から「アートコレクター」→「アートコレクターズ」と雑誌の名前が変わりました。
生活の友社さん、掲載いただきありがとうございました。
掲載部分をサンプルページとして見ることが出来ます。62ページ左上↓
http://www.tomosha.com/books/collector/sample/03.pdf

訂正箇所:
×作品購入の目安/号=1.5万円→○作品購入の目安/号2万円
掲載作品のタイトル×「Good+News」→○「Good News」

12月、1月、2月と展覧会出品の予定があり、締め切りに追われている毎日が続いていますが、
展覧会でいただいた元気を力に、頑張ってまいります。
はーでもほんと年末年始は地獄やわ。
皆様もお体に気を付けて。

2012年10月01日

個展のお知らせ

いよいよ10月になりました。
日中は日差しが暖かいですが、風が冷たく感じられ秋の予感ですね〜
決まりきった文句ではありますが、秋と言えば芸術の秋。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
今月の月刊美術10月号(9月20日発売)では

月刊美術10月号.jpg

「秋展NAVI 2012 完全制覇! 画廊街イチオシ展+アートフェア」
ということで、この秋の様々な展覧会のガイドが特集のようです。
そんな中、私の個展のお知らせもちょこっとしていただいております。

2012年大谷郁代展DM表面画質低.jpg

2012年大谷郁代DM宛名面画質低.jpg

DMも出来上がりました。
ちょっと生成りの質感も特別な紙に刷っているのですが、パステルの柔かさも出て、なかなかいい感じのポストカードになっていると思います。(上の画像はデータなので実際のものとは雰囲気が異なります)
送付をご希望の方がおられましたら
下記アドレスへお名前とご住所をお送りください。
mail@ohtaniikuyo.com

========================================

大谷郁代展−すぐそばの彼方−

会期:2012年10月17日(水)−10月31日(水)
開廊時間:AM11:00‐PM6:00
会期中の休廊日:28日(日)
場所:瀧川画廊
〒530-0047
大阪市北区西天満4−5−7三旺ビル2F
お問い合わせ: 06-6365-6578
http://www.takigawagarou.e-arc.jp/
E-mail takigawagarou@coda.ocn.ne.jp
近くに駐車場もあります。公共交通機関では
◆地下鉄御堂筋線・京阪淀屋橋駅より徒歩8分、◆京阪中之島線なにわ橋駅より徒歩5分、
◆JR大阪駅より徒歩15分、JR東西線大阪天満宮駅・地下鉄堺筋線南森町駅より徒歩10分

========================================
たくさんの方々に観てもらえたらと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
では、頑張ります!

2012年09月08日

レセプション

_9294051.JPG

銀座三越さんの「―山本冬彦が選ぶ― 珠玉の女性アーティスト」展初日、朝方東京駅に着きました。
復元工事中のJR東京駅丸の内赤レンガ駅舎は10月1日にグランドオープンするそうですね。
大阪の中央公会堂などでお馴染みの辰野金吾さんの建築物ということで、ちょっとホッとしました。(地元にあるチェーン店が旅先でもあって安心する感覚)

_9294082.JPG

私は初日と2日目と在廊しておりました。
観に来て下さった皆様、ありがとうございました。
お会い出来て嬉しかったです。

銀座三越さんのギャラリーはインテリアなどのフロアにあり、雰囲気が開放的で入りやすい空間です。
レセプションには平日にも関わらず、たくさんの方々が来てくださいました。
詳しくは山本さんのブログに書いてあります。
http://ameblo.jp/0761226555/entry-11347382144.html#main
レセプションでは21名の出品作家の方が集まり挨拶しました。ジャンルの違う同世代の作家たちの異業種交流会という感じで、名刺、いっぱい刷ってきて良かったです 笑
色々話せて、新鮮な刺激を受けました。とても楽しかったです。
ただ、ホテルに帰ればクタクタでしたが。

_9294057.JPG

本日8日は山本氏よりアートの楽しみ方、展示作品の解説などギャラリートークがございます。
展覧会は11日まで。
ご都合良ければ、どうぞよろしくお願いします。
◇日時:9月8日(土) 午後2時〜
◇会場:銀座三越8階ギャラリー
※事前予約不要・入場無料

_9294096.JPG

また、銀座三越さんでは同会期でジミー大西さんの個展もやっています。
チケットをいただいたので、私も観に行ってきました。
鮮やかな色彩と遊び心のある作品で、観ていて楽しかったです。

東京美術倶楽部さんで行われている、
日中国交正常化40周年記念「日中美術展―東洋美術の未来を探る―日本画と工筆画」も観てきました。
中国の作家さんたちの技術力、東洋の美の感覚の研ぎ澄まされた感が凄まじく思いました。
観に行って良かったです。Uさんチケット、ありがとうございました。

もうすぐ個展ということで、バタバタとしておりますが、展覧会での出会いやお言葉に元気をいただきました。
↓差し入れにいただいたマカロン。美味しさに癒されました。
Kさん、ありがとうございました。

こちらからご案内していてせっかく来ていただいたのにお会い出来なかった皆様、すみませんでした。
東京での展示は次回は12月となります。
また懲りずにご案内させていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

_9294089.JPG

大阪に帰ってきて、若干風邪気味ではありますが、まだまだ頑張ってまいりたいと思います。
それでは!


2012年09月03日

予告展示とアートアプリ・MILNDA

最近、朝・夜はチョット涼し目ですね。
もう9月か〜…
銀座三越さんの展示ももうすぐです。

三越コーナー.jpg

三越ウインドー.jpg

↑先週水曜日から、画廊横の予告コーナーとしてのウインドーに、私の作品が展示されているそうです。
山本さんが画像付きで教えて下さいました。
DMに載せている方ではない2作目の作品です。(真ん中の6号の作品)
折角なんで宣伝します 笑
掛け替えとかがあったら申し訳ないですが、5日〜11日の展覧会に行けそうにないな〜という方でお近くにお越しの際は良かったら観に立ち寄ってください。

それから以前に「GRAPHIC 現代の洋画24」に掲載されたことをブログにかきましたが、
http://ikuyo.sblo.jp/article/56979663.html

マリア書房さんのアプリ「ART FILE MILNDA」
http://www.milnda.com/index.html
にも登録されました。
「アーティスト」からARTISTS LIST「あ行」の3ページ目の最後に私の作品紹介があります。
http://milnda.com/artists/data.php?id=a5616&p=3&ke=&ca=&su=&ta=&na=1&pa=
作品はスクエアの部分掲載になっていますが、画像をクリックすると全体が見れます。
この作品はまだ未発表で、来る10月の個展の際に初お披露目となります。
写真は現物と違いますし、是非実際に観に来ていただけたらと思います。

(個展予定が記載されていますが変更点があります。
会期の箇所で「2012年10月15日〜27日」とありますが、2012年10月17日〜31日に変更しています。)

どうぞよろしくお願いいたします。

今回も夜行バスで向かう予定です。前回の反省点を活かして、なんとか眠れればなぁ。
それでは。

2012年08月26日

山本冬彦が選ぶ 珠玉の女性アーティスト展

豪雨に悩まされる今日この頃。
温暖化でしょうかねー 皆様は大丈夫でしょうか?
8月もあと一週で終わりですね。早いものです。
ということで、9月の展覧会のお知らせをさせてもらいます。

【 山本冬彦が選ぶ 珠玉の女性アーティスト展 】

■会期 平成 24 年 9月05日(水)〜11日(火)
■会場 三越銀座店8階 ギャラリー

銀座三越DM携帯用.jpg

■企画概要
アートソムリエの山本冬彦氏と銀座三越ギャラリーがアートの見方や蒐集の楽しみ方をご提案します。
今回は30余年に及ぶコレクター経験を持つ山本氏の推薦する1980年以降生まれの
女性アーティストたちの新作をご紹介します。今年こそマイ・アートを見つける
「藝術の秋」にしてみませんか。

■オープニングレセプション:9月5日 午後6時

■アートソムリエ山本冬彦氏によるギャラリートーク:9月8日 午後2時
・通常営業時間:10-20時・最終日16時まで


私は初日5日と、ちょこっと6日に在廊予定です。
終日ではなくて、いなかったりもするかもしれませんが、もしその日、行くよーという方がおられましたら
ご連絡ください。
レセプションにもいます。作品とともにお会い出来るのを楽しみにしています。
たくさんの方に観に来ていただけるよう、よろしくお願いします。

大谷郁代 DolceA().jpg

Dolce
大谷郁代
P10号 パステル/紙
DM掲載の出品作品です。
計2点出品しています。

今日は神戸で絵の取材です。
朝早いので、早く寝なければ。
ではでは〜