2015年10月31日

エトワールブリヤント展のDMと展示中の展覧会の話など。

image.jpg
【第3回エトワールブリヤント】展
DMが出来ましたのでご案内をさせていただきます。
会期:11月10日(火)〜21日(土)開廊時間:11時〜18時30分
※土・日・最終21日は16時まで。17日は休廊なのでご注意を。
場所:画廊大千 http://www.garou-daisen.com/
住所:大阪市中央区道修町2-5-14 カイゲンビル1F
※会期中の11月17日(火)〜23日(月・祝)に今年も船場博覧会が開催され、21日(土)には
ギャラリーツアーがあるそうです。
詳しくは船場博覧会サイトにて→http://semba-hope.main.jp/event/event.html
この機会に是非、大阪の街と共に楽しんでいただければと思います(^ ^)
久しぶりの大阪での展示で、楽しみです。
私はDMの8号と15号の2点を出品予定です。

image.jpg

image.jpg

現在、横浜のギャラリーARKさんでグループ展絶賛開催中です(^o^)/
1人小品1点、作家各々が好きな曲やアルバムを選んで、曲からのインスピレーションを元に、オリジナルの絵画を制作。その絵を使って、CDジャケットとしてもデザインして両方展示しています。
私はドビュッシーのアルバムから「亜麻色の髪の乙女」を選曲しています。
モニク・アースという女性の方が演奏者の盤です。
ドビュッシーが大好きで、色々と他の演奏者の盤も聴きますが、
モニク・アースさんのは、すごく儚く優しく弾いていて、心がキューっとなるような、美しさとせつなさを感じる音です。
残念ながら私は今回、横浜の会場に行くことが出来ないのですが、
11月3日にはオープニングパーティーが17時から開かれます。
展覧会は29日より始まっていて、今日、様子をお聞きしましたが、皆さん、すごく素敵な作品で、大盛況のようです(*^^*)
是非、お近くの方はご覧いただければと思います!
image.jpg
【ー山本冬彦の推薦作家によるーアートで聴く音楽CDジャケット】展
会期:10月29日(木)〜11月7日(土)
場所:ギャラリーアーク
http://ark.art-sq.com/
住所:横浜市中区吉浜町2-4 アクシス元町1F

image.jpg

「響」大谷郁代
P8号、紙にパステル、木炭
(今回の第3回エトワールブリヤント展出品作品)

CD展の作品とつながる作品を現在、P15号で制作中で、画廊大千さんの展示で出品予定です。
こちらはポーズ同じくして、バレリーナの全身を描いており、ピアノも入っています。
DM掲載、上画像8号の作品はヴァイオリンの演奏をプロで行っているミュージシャンの女性を描きました。
今回のエトワールブリヤント展での私の出品作はピアノとヴァイオリンで、音楽づいている作品となっています。
ヴァイオリンの彼女には2009年にもモデルを頼んで描かせていただいています。
彼女は音楽的にはもちろんですが、ますます素敵な女性となっています。
もう6年前か〜早いなぁ。

image.jpg
↑船馬博覧会、ギャラリープログラムのご案内。
他にも建築ツアーなど、大阪の街を知って楽しむ企画が盛りだくさんです(^o^)/
私はここら辺の建築が好きで、過去作品にも色々出てきてます。

さて、前回のブログでは、小鳥を飼いたいって話でしたが…
ご報告が遅れました。
インコ、飼いました!!
image.jpg
可愛い淡い色合いで、すごく綺麗な声!手や肩に乗ってくれる人懐っこい性格です。
ゲージの扉を開けたら真っ先に私に向かって飛んできてくれます。
肩に乗っけて絵を描いています。幸せインコ生活です(*^_^*)
おしゃべりも練習中です。
またブログに出てきたり、絵にも描くかもしれません。
今後ともよろしくどうぞよろしくお願いします。
では〜
image.jpg

2015年10月01日

2015年秋の展覧会出品予定

もう10月ということで、すっかり秋の雰囲気。
先日のスーパームーン、普段より大きく美しく光っていて、凄かったですね。
クレーターもハッキリ見えていて、存在感がありました。
久方ぶりのブログとなりました。
まだ、このブログを気にかけてくださる方がいらっしゃったら、
本当にありがとうございます。
あんまり更新してなくてすみません。
この秋〜冬にかけて出品予定の展覧会3つを案内させていただきます。

まず、今月末!
【ー山本冬彦の推薦作家によるーアートで聴く音楽CDジャケット】展

image.jpg

会期:10月29日(木)〜11月7日(土)
場所:ギャラリーアーク
http://ark.art-sq.com/
横浜市中区吉浜町2-4 アクシス元町1F
出品者:川嶋陽介、小川香織、山田彩加、大谷郁代、丸山恭世、光元昭弘、廣川恵乙、
古家野雄紀、菅澤薫、眞田勇、長坂誠、今林明子、広田稔、松本潮里、蛯子真里央、平林孝央(順不同)
※スクエア4号の作品1点を出品します。それぞれの作家が好きな曲を選んで、その曲のイメージを描いています。作品と共にCDジャケットとしてデザインしたものも同時に展示し、作品を観ながらその曲も試聴出来るような、音楽と絵画の世界を同時に愉しめる素敵な展覧会ということです。面白いと思いますので是非ご覧いただけたらと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【第3回エトワールブリアント】展

会期:11月10日(火)〜21日(土)
場所:画廊大千
http://www.garou-daisen.com/
大阪市中央区道修町2-5-14 カイゲンビル1F
※会期中の11月17日(火)〜23日(月・祝)に今年も船場博覧会が開催され、21日(土)には
ギャラリーツアーもあるそうです。
船馬博覧会について→http://semba-hope.main.jp/event/event.html
この機会に是非、大阪の街と共に楽しんでいただければと思います。
私は8号と15号の2点を出品予定です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【第10回リアリズムの世界】展

会期:12月11日(金)〜18日(金)
※同展覧会の後期(上記期間)に出品させていただきます。
場所:飯田美術
http://www.iida-b.com/
東京都中央区銀座7-12-4-3F
私は10号以下のサイズの作品2点を出品予定です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その後、2016年1月にも展覧会予定があります。また追ってこちらのブログでご案内させてください。
2016年はいよいよ日本橋三越さんで個展です。
皆様の応援やお力添えで、なんとか続けて展覧会というステージに出させていただいております。
私は作品も人間的にも本当に未熟で、情けなくて、途方にくれる毎日ではありますが、
とにかく、描くことへの情熱だけは底なしにあるようです。それだけが私を前へ前へと歩かせます。
今年の予定を眺めるともう、2015年も過ぎ去ったような気がしてしまいますが、
この時の私にしか描けない1枚1枚をのこしていきたいと思います。

来年はますます引き篭もりが酷くなりそうです…
寂しすぎるので小鳥を飼おうかと考えています。

image.jpg

というか、ゲージも買ったしもうほぼ飼う感じです。
鳥さんと遊ぶためのバードハウスも作りました…あとは可愛い小鳥さんに出逢うだけです。

image.jpg

image.jpg

↑「インコと遊ぼう」という本の付録にバードハウスが付いていました。
中に割り箸やらで骨組みを入れてるので、結構しっかりしています。
早く、鳥さんと遊びたい 笑

肌寒くなってきますが、皆様、お身体に気をつけて〜

image.jpg

image.jpg

image.jpg

2015年07月09日

8月の展示のお知らせ

image.jpg

すっかり梅雨となり、ムシムシする暑さですね。
私の方は相変わらず制作の毎日です。
今月、出品する展覧会はないのですが…そうしたら2ヶ月以上、ブログも放ったらかしになりそうなので、
ちょっと早いですが、8月の展示のお知らせをさせていただきます。
更新してないかなって見てくれてる方、ありがとうございます>_<

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LIONCEAUX PLUS (リオンソープリュス)展 Vol.5
〜華咲け 現代洋画の俊英たち〜

会期:2015年8月12日(水)〜18日(火)

場所:日本橋三越本店 本館6階 特選画廊
(東京都中央区日本橋室町1−4−1)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、図録の作品提出〆切でしたので、DMや図録はまだ先ですが、
届き次第またこちらのブログでお知らせします。
(※DM出来たのでのせました↑8月7日)
私は4号と15号2点出品させていただく予定です。

リオンソープリュス展は『三越のシンボルであるライオン像のもとで、洋画壇の明日をになう作家たちにより、新たな風を起こしたい−。会派・所属を超えて、40代までの若手人気作家が意欲作を一堂に発表する』展覧会です。
頑張りますので、どうぞご期待下さい(^_^)!

image.jpg

「Toe Shoes」大谷郁代
F10号/紙にパステル 2015年

↑出品する作品ではありませんが、何か画像をと思いましてσ^_^;

image.jpg

↑前回ブログで、額装せずの画像でしたので、額装して掛けたものを。(自然光で暗いですが。)
ボックスタイプの額は初でした。
もうすぐリオンソーの4号の作品の額が額屋さんから届きます。
今度はまた感じが違う、色は明るいけどちょっと重めな感じです。楽しみです(*^^*)

ではでは〜

2015年05月29日

わたしの中の村上春樹 イメージと創作 展のお知らせ

image.jpg

タイトル:「Don't forget forever about me. 」
大谷郁代
F6号/パステル、パネルに紙
イメージした小説:ノルウェイの森

今月の展覧会のお知らせです。

〈高橋千裕・御子柴大三・山本冬彦の推薦作家による〉
『 わたしの中の村上春樹 イメージと創作 』展
会期:2015年6月10日(水)-6月17日(水)
11:30〜19:00(日曜日、最終日は17:00まで)
場所:銀座ギャラリー枝香庵
http://echo-ann.jp/exhibition.html?id=227

image.jpg

image.jpg

〈日本のみならず世界中の読者に愛されている作家・村上春樹さん。彼のファンは文学畑を越え美術界にも及んでいます。今回、ここに参集した画家達は人一倍、彼の物語世界を愛し、それを絵画化しようと努めました。かような美術と文学の相互交流が新しい文化を築き上げる事を期待致します。ご高覧下さいませ。
企画者一同〉

〈出品作家と扱う小説タイトル〉

蒼野 甘夏    羊をめぐる冒険
アサノ ジュンコ 羊をめぐる冒険
井上 奈奈    ノルウェイの森
入江 明日香   品川猿
岩岡 純子    風の歌を聴け
上野 明美    1Q84
内田 すずめ   ノルウェイの森
及川 晶子    めくらやなぎと、眠る女
大谷 郁代    ノルウェイの森
蟹江 杏     シェエラザード
川島 優     めくらやなぎと、眠る女
木村 佳代子   アフターダーク
久保田 眞由美  海辺のカフカ
倉田 明佳    ノルウェイの森
桑原 聖美    めくらやなぎと、眠る女
しんぞう     ねじまき鳥クロニクル
外田 千賀    ノルウェイの森
高橋 千裕    1Q84
武沢 昌子    海辺のカフカ
楯川 友佳子   蜂蜜パイ
田端 麻子    ねむり
ツリタニ ユリコ 日々移動する腎臓のかたちをした石
豊嶋 浩子    アフターダーク
林 千絵     ノルウェイの森
深瀬 優子    海辺のカフカ
前川 ひな    世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
町田 尚子    世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
松永 悠一郎   アイロンのある風景
南館 麻美子   めくらやなぎと眠る女
森山 千尋    眠り
門田 奈々    1Q84
山田 彩加    世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

企画者、そして出品者のお一人、高橋千祐さんに出品のお誘いをいただきました。
高橋さんは新潮社の装幀室にいらっしゃった方で、実際の1Q84の装幀などもされています。
私は現在、今更ながら1Q84を読んでいるところですσ(^_^;)やっと単行本2巻目(7月ー9月)ですが、毎日寝る前の楽しみです。ショックなエピソードにドキドキして寝られなくなることもありますが。
私の出品作品は映画化もされている有名な「ノルウェイの森」を題材に描きました。ちょっと重苦しい癖のある恋愛小説です。この作品に合わせて、額屋さんとご相談させていただいた額がもうすぐ届きます。
展示の時、どう見えるか楽しみです(*^_^*)
今回、リストを見ると「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を描いている方がいないですが、この作品もすごく面白かったので「アフターダーク」とともにどれにしようか悩みました。
私は村上春樹さんの作品をそんなに読めていないのですが、毎回、ショッキングな謎に驚かされ、人間の心の澱のようなものを丁寧に表現されているところに魅力を感じ、引き込まれています。
他の出品者の方の作品も気になりますし、どんな風な展示になるか楽しみです。

2015年05月08日

京宵展の会期終了と6月の展示のお知らせ

image.jpg

気持ちの良い季節になりましたね。
京宵展は5月2日をもって終了しました。
来てくださった方々、誠にありがとうございました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

タイトル: First of May
大谷郁代/F10号/紙にパステル/2015年制作

上画像が出品させていただいた作品です。
タイトルの「First of May」(若葉の頃)は映画「小さな恋のメロディ」(ザ・ビージーズ)のサウンドトラックとして使われた有名な曲です。歌詞の内容は、忘れがたい幼い頃の恋心と時の流れで、同じ時を過ごしたはずの愛し合う二人が、いつの日か、何故か知らないうちに遠ざかってしまうことへの感傷を、瑞々しく歌いあげています。私はおぼつかない表現力ながら、譜面立てに偶然映った窓の外の木々の緑が、あたかも緑のメロディの楽譜のようだと思い、このように描きました。

When I was small, and Christmas trees were tall,
do do do do do do do do do…
Don’t ask me why, but time has passed us by,
someone else moved in from far away.

私が小さかった時、クリスマスツリーは高かった
ドゥ、、、、、、
私に何故って聞かないで、でも、時は私たちを過ぎていった
誰かが、彼方へとつき動かすかのように

せつなすぎるけど…こういうものですね。
モデルをしてくれた彼女も、最初描いた頃は中学生だったけど、もう立派に成長しています。私もこの春でまたひとつ歳をとったし…(。-_-。)

まぁそんなこんなで、京宵展と21世紀展を京都美術倶楽部http://www.kyobi.or.jp/で観た後、
(21世紀展はこのあと、大阪などへ巡回しますが、京宵展は京都のみの展示です。)
額屋さんへ額のお願いに6号の作品を持っていきました。
この作品は来月の銀座ギャラリー枝香庵で行う『私の中の村上春樹展』に出品します。
村上春樹さんの小説を題材に描いた作品です。
何の作品かはまた後日、DMが出来たら、こちらのブログでお知らせさせていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 私の中の村上春樹展 】
大丸2️会場:銀座ギャラリー枝香庵 http://echo-ann.jp/mobile.html
大丸2️会期:2015年6月10日(水)〜6月17日(水)
11:30〜19:00(日曜日、最終日は17:00まで)

額屋さんに行った後、「観〇光 ART EXPO 2015 京都」http://kanhikari.com/を観て回りました。
京都展は6日で終わりましたが、鎌倉展が5月17日〜5月26日、(建長寺、円覚寺、浄智寺)で行われます。
作品とお寺さんという環境全体で観れるすごく良い展覧会なので、是非オススメします。
下画像は御寺 泉涌寺のお庭。

image.jpg

image.jpg

左下の縦画像に使っていただいているのは50号の「粉雪」(部分)です。
この他「Labyrinth」50号とともに言葉なども掲載していただいています。
前回も宣伝させていただきましたがσ(^_^;)
月刊美術5月号、見てみてくださいませ。

image.jpg

image.jpg

⇧京都のソワレで食べたゼリー 、甘すぎず、ゼリーの弾力もちょうど良かったです(^_^)
もう、ほんと暑くなってきましたよね。
まだまだ夏にも展示があるし、制作、頑張ります(^o^)/
では〜

2015年04月20日

月刊美術5月号掲載と京宵展出品のお知らせ


image.jpg

本日20日発売の月刊美術5月号に作品を掲載していただきました。
まだ本誌を見れていないのですがσ(^_^;)特集の「これからの洋画/ゆるぎない具象への挑戦」若手35作家の1人として紹介していただいています、多分。
書店にお立ち寄りの際は、是非お手にとってご覧ください。
月刊美術2015年5月号/実業之日本社/2015年04月20日発売
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=03645-0500-15
月刊美術 http://www.gekkanbijutsu.co.jp

image.jpg

そして今月末に展示します。
また作品画像出せたら、ここにアップしたいと思います(*^_^*)
早く額装しないと。
ブログ、まちまちの更新ですが、末長くよろしくお願いします。
……………………………………………………………
第3回京宵展(けいしょうてん)
平成27年4月30日(木)〜5月2日(土) 
午前10時〜午後5時会場:京都美術倶楽部
http://www.kyobi.or.jp/club/
京都市東山区新門前通東大路西入る 
地下鉄東西線・東山駅下車 南へ徒歩5分
(第15回 21世紀展と併催)

2015年02月18日

過去の作品が展示されます。

image.jpg

2007年制作「今を想う」大谷郁代

もう随分前のこととなりますが、この作品は「しんわ美術展」という公募展で金賞をいただきました。そしてこの度、再び、展覧会で展示していただけるそうです。
この作品には思い出がたくさん詰まっていますので、またお披露目していただけるのはとても嬉しいです。

【しんわ美術展の受賞作品展−女性を描く−】

会期:2015年2月21(土)〜3月8日(日)
開館時間:10:00〜16:30 
会場:ひしおホール
勝山文化往来館 ひしお
〒717-0013 岡山県真庭市勝山162-3
info@hishioarts.com
休館日:毎週水曜日

image.jpg

http://hishioarts.com/exhibition-events/upcomingexhibitions/hina2015/

「しんわ美術展の受賞作品展」では過去の女性を描いた受賞作品が一堂に展示されます。
お近くの方はどうぞご高覧下さい。

2015年02月09日

大阪市立工芸高等学校に行って来ました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

大阪市立工芸高等学校の工芸高校展に行ってきました。
(あ、これ、去年のポスターだった…)
先日の私の神戸そごうでの個展に恩師K先生ご夫妻が来て下さりましたが、
その際、私の高校時代のデッサンが工芸にあるので、手元に戻してはどうかというお話もあり、行って来ました。

image.jpg

母校、工芸高校はインテリア、プロダクト、ビジュアル、建築、映像、美術の6つの科がある学校です。
http://www.ocec.ne.jp/hs/kogei/
私はそこの美術科で洋画コースを選択していました。
本館は、ドイツのヴァイマル工芸学校をモデルとして設計され、1924年に竣工、大阪市指定有形文化財に指定されています。今年で創立92年!卒業生には写実の大先輩、磯江毅さんもいらっしゃいます。(磯江さんはその後、母校広島市立大学にも指導に来られました。
そういえば、広島県立美術館で「スペイン・ リアリズム絵画の異才 磯江毅 ―広島への遺言―展」と題し、3月25日(水) 〜2015年5月24日(日)の期間、展示されるそうです!
この機会にまた広島行きたいな…
http://www.hpam.jp/special/index.php?mode=detail&id=126 )

工芸展は卒展みたいなものです。(1年生、2年生も出しますが…学年末発表のような場。)
せっかくなので、全科見ようと思っていたのですが…時間的に間に合いませんでした
_| ̄|○
友人にはなじられる始末でしたが、美術科の展示だけは観れました。

image.jpg

image.jpg

image.jpgimage.jpg

美術科棟は昔から超オンボロでしたが、耐震問題で現在絶賛改装中の様子でした。
そのせいで廊下は作品やら物でごったがえ。やっぱり卒業生の作品が残されている様子でした。
高校時代、私はそういうものに囲まれて、メラメラとやる気を燃やしていましたが、
やっぱりそういう作品は増える一方で、スペースの問題もありますからね…

image.jpg

image.jpg

懐かしの産業美術室!に来るように言われて、私の17歳〜18歳の頃の木炭デッサン5、6枚を返却してもらいました。↑
16、7年前かぁ〜(>_<)下手くそですが、やる気に満ち満ちているなぁと思います。マルス!
産美と言えば美術概論の授業でひたすら眠っていた記憶…懐かしいなぁ。
今もストーブを点けてデッサンをする高校生の姿がありました。入試ももうすぐなのかな?…工芸生頑張って!
石膏像と言えば、最近噂の「石膏ボーイズ」。
(石膏像の中からメジャーな4体(マルス・メディチ・聖ジョルジョ・ヘルメス)をピックアップしユニット化したもの。石膏像をこれまでにない角度から見つめなおすことにより、「美しい人」「イケメン」として扱い、あたかも芸能人であるかのような見せ方で活動を展開するプロジェクトなのだそうです。高度すぎる。)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1502/04/news120.html
YouTubeにあげられているPVが笑えました。美大系的笑いな気がするけど。

image.jpg

私は美術予備校に通っていなかったので、工芸の先生が頼りでした。
それなのに正体不明の自信家で、クセが強く、あまり先生の言うことを聞かないという、どうしようもない生徒でした。
先生方には根気強くお付き合いいただき、本当に感謝しています。

image.jpg

3階の廊下には私の作品や活動の紹介を掲示してくれていました。
(隣は学年一つ下の木版画をやっている水口かよこさん。)
先生方、本当にありがとうございました!
いつまでも大阪市立工芸高等学校の繁栄を祈っております。
…………………………………………………………………………………
ずっとほったらかしにしている私のホームページですが、
本日、一部更新をしました。http://ohtaniikuyo.com
このホームページも高校時代の友人に作ってもらったものです。
◯っちゃん、いつもありがとう!
…………………………………………………………………………………

2015年02月04日

大谷郁代展(神戸そごう)終了しました。

image.jpg

2015年大谷郁代展–絵画という物語−が2月2日をもって終了しました。
来て下さった皆様、誠にありがとうございました。
会期中、会場へは時間はまちまちですが、毎日在廊しておりました。
たまたま出ていたり、他のお客様と話していたりして、きちんとご挨拶出来なかった方、
申し訳ありませんでした。
神戸では初めての作品発表で、緊張しておりましたが、
来て下さるお客様は皆温かく、とても嬉しかったです。
次の作品につながる学びもたくさんありました。
ありがとうございました。

ここのところ、銀座ギャラリー和田さん(2013年)や池袋西武さん(2014年)での個展が続き、関西での発表がなかったのですが、この機会に地元大阪から友人や母校の先生も来て下さいました。
子どもが生まれている友人も多く、もう、そんな年なんだな〜と感慨深くもありました。
仕事や子育てで忙しい中、みんな来てくれて、ありがとう!
私は相変わらず絵に夢中で子どもみたいですがf^_^;)
作家として、今後も頑張っていきたいと思います。

そして神戸そごう美術画廊の皆様、ギャラリー和田の皆様、大変お世話になりました。
展示の機会をいただき、誠にありがとうございました。

image.jpg

image.jpg

個展の前日1月26日に東京に行っておりました。
シェル美術賞展のオーディエンス賞の受賞の品をいただきに。
賞状の盾と江戸切子のグラスを頂きました。
手前のクリスタルは審査員奨励賞のトロフィーです。
江戸切子のグラスの底には昭和シェルのマークが刻まれています。
素敵なグラスで晩酌したいと思います。
ありがとうございました(^_^)

image.jpg

個展が終わって、ひとまずホッとしましたが、また次の制作が待っています。
今回−絵画という物語−というテーマで副題をつけさせていただきましたが、
今後も小説と絵画、音楽と絵画、バレエと絵画、など内容をより深めてまいりたいと考えています。
また、そういった企画展にも出品予定です。
こちらのブログでご案内させていただきますので、更新はまちまちですが、
今後もどうぞよろしくお願いします。
上の画像は昨日買った小川洋子さんの小説「いつも彼らはどこかに」です。
もう一冊、小説「ことり」も買ったのですが、他にも絵の資料のために本をたくさん買ってしまい、激烈重たくなって、
5000円以上なら郵送無料との紀伊國屋さんのサービスを活用することに。
この一冊だけカフェで読もうと、手持ちにしました。
まだあんまり読めていませんが、すっごく素敵な話!な予感。
他の本は明日には届くということで、また毎晩お酒と本の生活を送るのが楽しみです。

それではここらへんで。

2015年01月30日

大谷郁代展ー絵画という物語ー開催中

image.jpg

「大谷郁代展ー絵画という物語ー」会期中です。
あと残すところ、本日30日(金)・31日(土)・2月1日(日)・2日(月)の開催です。
1週間の会期ってあっという間ですね。
関西で個展は久しぶりですし、是非ともこの機会にご高覧いただければと思います。
ここのところ、寒さが厳しく、今日なんか雪が降ったりしちゃうのかもしれませんがf^_^;)
暖かい画廊でお待ちしております。

image.jpg

上の画像はDM作品の額装した展示状態です。
木炭とパステルで描いているので、画像では伝わりにくい色彩と柔らかさがあると思います。
是非実物を観ていただければと思います。

image.jpg

シェル美術賞展でW受賞をいただいた「Labyrinth」も展示しています。
…………………………………………………………………………………
『大谷郁代展ー絵画という物語ー』
1月27日(火)〜2月2日(月)
午前10時〜午後8時(最終日は午後4時まで)
神戸そごう新館7階 美術画廊
〒651-8511 神戸市中央区小野柄通8丁目1番地8号
TEL:078-200-7265
https://www.sogo-seibu.jp/kobe/event_calendar/
〒651-8511 神戸市中央区小野柄通8丁目1番地8号
…………………………………………………………………………………

2015年01月10日

2015年大谷郁代展DM出来ました

秘密の扉M30号大谷郁代(DM用)(サイズ縮小).jpg

大谷郁代「秘密の扉」
M30号、紙に木炭・パステル

遅ればせながら、新年、あけましておめでとうございます。
この、ぼちぼち更新のブログを継続して見てくださっている方、
ありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

さて、個展のDMが出来ましたのでアップします。

2015年個展DM.jpg

『大谷郁代展ー絵画という物語ー』
会期:1月27日(火)〜2月2日(月)
開場時間:午前10時〜午後8時
(最終日は午後4時閉場)
開場:神戸そごう新館7階 美術画廊
〒651-8511 神戸市中央区小野柄通8丁目1番地8号
TEL:078-200-7265
https://www.sogo-seibu.jp/kobe/event_calendar/

お忙しいことかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

また、昨年末、シェル美術賞展での受賞について書きましたが、
『Art Annual online』という美術情報サイトのニュースとして載せていただきました。
ありがとうございます(^−^)
良かったらご覧ください。↓
http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/44937/

もう、〆切直前なので、この辺で、、、
個展にはこの「ラビリンス」も展示します。
是非是非神戸の個展に観にいらしてくださいませ。

2014年12月26日

シェル美術賞展オーディエンス賞をいただきました!

なんとか年賀状も元旦に届くよう、出せたクリスマスでした。
制作などもあり結局、徹夜になってしまい、誰にも会いたくないヨレヨレの状態で郵便局にいました。
そんなところにクリスマスプレゼント的な一報が!

image.jpg

image.jpg

先日終了した「シェル美術賞展2014」では、今年から会期中来場者の投票により受賞作品を選出する「オーディエンス賞」が設けられました。

image.jpg

期間中6,109人のお客様にご来場いただき、全3,652の投票をいただいたそうです。
その結果、私の「Labyrinth(ラビリンス)」がシェル美術賞展2014「オーディエンス賞」に決定いたしました!
(*^^*)嬉しいです。

image.jpg

シェル美術美術賞展に出品し、初めて国立新美術館で自身の作品を展示出来ることになって、もう、それで嬉しかったのですが、保坂健二郎審査員奨励賞をいただき、またオーディエンス賞もいただき、本当に嬉しい限りです。
ご来場いただいた皆様、ならびにご支援・ご協力いただいた関係者の皆様に心より御礼申し上げます。
昭和シェル石油のシェル美術賞展のページにコメントを寄せさせていただきました。↓
http://www.showa-shell.co.jp/enjoy/art/2014/winners.html#audience

image.jpg

image.jpg

image.jpg

表彰式や講評会、アーティストトークなどでは出品者のたくさんの作家さんと交流も出来ました。他の作家さんの考えや想いも色々聞けて、とても良かったです。それにとても楽しかった!
ありがとうございました。またいつか展示等で会えることを楽しみにしています。

image.jpg

直近の個展は1月27日(火)〜2月2日(月)の期間、神戸そごう新館7階 美術画廊で行います。
もう、時間があまりありませんが、ギリギリまで自分の出来る精一杯のちょっと上を目指して頑張ります。
今回のシェル美術賞展に出品した作品のご感想の中には、いつもの作品と少し違っていて、新たな展開を感じさせるような作品だと評して下さる方もいました。
オーディエンス賞での結果もそうですが、描いた想いが少しでも伝わっているのだと思うと、泣いてしまいそうです。ありがとうございました(ノ_<)
次の個展は『大谷郁代展ー絵画という物語ー』というタイトルにしています。
このシェル美術賞展に出品した「Labyrinth」も個展に出品します。この他、50号作品をもう一点、DMの作品は30号(タイトル『秘密の扉』)で、これも『Labyrinth』からの流れの物語性を意識した作品です。今回は何点かデッサンも出す予定です。久しぶりに動物のデッサンもしています。今後の展開にも出てくる予定…のつもり。
しかし、今までたくさんの取材をしながらも、なかなか絵に出来ていないものが多すぎです(; ̄ェ ̄)協力して下さった方々には申し訳ありませんが、どれ一つ無駄ではなく、きっとゆっくり作品に結び付いていくので、どうかお許し下さい。いつもありがとう!
描く描く詐欺ではないですよ…ただどんどん描きたいものが積み上がっていくのです。
色々含めて、ご来廊の皆様に観ていただけるのが楽しみです。
また、DM出来ましたらお知らせさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします(^_^)
…………………………………………………………………………………
『大谷郁代展ー絵画という物語ー』
1月27日(火)〜2月2日(月)
神戸そごう新館7階 美術画廊
〒651-8511 神戸市中央区小野柄通8丁目1番地8号
TEL:078-200-7265
https://www.sogo-seibu.jp/kobe/event_calendar/
…………………………………………………………………………………

image.jpg

神戸そごうのある三ノ宮駅ではこのプレミアム生クリームソフト「CREMIA」を出しているカフェがあります。
「生クリームとラングドシャの絶妙なシンフォニー」(≧∇≦)ラングドシャって!なんて高級感!
私はソフトクリームとバームクーヘンが大好きです。(まぁ…嫌いなものがないのでどれも美味しいものは大好きなんですけれど)
新たなソフトクリーム、これは食べなくては、ということで食べました。

image.jpg

何しろ溶けやすく、シルクをイメージしたウェーブ形状は、画像を撮ってるうちにユルユルになってしまいましたが、なめらかな口あたりと高級感を味わえました〜(≧∇≦)
私の個展に三ノ宮へ来られることがありましたら、是非良かったらこのREMIAもご賞味ください。
三ノ宮駅ターミナルホテルのベーカリーカフェにあります。温かいコーヒーと一緒にどうぞ。
https://www.nissei-com.co.jp/cremia/

そういえば、と思い出したことを追記:
今回のオーディエンス賞の喜びと共に思い出したのは、私が大学3年生二十歳の時(2002年)、広島RCCテレビのモテモテロックナイトという番組の「D-1(デッサン)バトル」という企画に出演した時のことでした。
その番組は勝ち抜き戦で、最後グランドチャンピオン大会というのがあり、広島のミスコンモデルさんを前に(綺麗な人でした(*^^*))公開制作を行い、その作品を並べ、一般のお客さんも含め投票で優勝を決めるというものでした。
結果、私の作品の得票数が多く、優勝しました。
今思えば、本当、下手っぴだったのですが、その時の、『社会の人に私の絵は認められた』という感動がその後の私の制作に、もの凄く力を与えてくれました。
今回のシェル美術賞展でのアーティストトークでも、フランスの詩人マラルメの言葉を拝借したりして、ちょっとコイツ、カマしてるなーと思われたかもしれませんが (⌒-⌒; )笑 本気で思っていることなのです。
そしてその想いを励ましてくれるのは、いつだって私の絵を観てくれている方たちです。
もちろん歴史に残る作品や巨匠の言葉からもギフトをもらっているような、バトンを受け取っているような心持ちで、奮い立ちますが、現在、という生の声はもの凄い威力です。
言うなれば、私の心の底深くには、以前から燃える炎があり、その炎に蒔きをくべていただいているようなもです。燃え盛っております 笑
投票してくださった皆様、ありがとうございました!

「その現存という理由以外に燃える理由もなくて燃え、ひとりで生まれ、かつ消える彗星の輝き」のような画家人生でありたいと願います。
がんばるぞ!

2014年12月02日

展覧会のお知らせ12月〜1月

もう、師走ですね。
皆様、大忙しのことと思いますが、ご都合良ければ是非!下記展覧会へよろしくお願いします。ちょっと長くなります。まとめて4つお知らせします。

まず、前回、シェル美術賞展で保坂健二朗審査員奨励賞を頂いた件をお知らせしましたが、その展覧会がもうすぐです!

image.jpg

ライブドアニュースでも記事にしていただいておりました(*^^*)
http://news.livedoor.com/article/detail/9505767/
「シェル美術賞展 2014」
期間 : 2014年12月10日(水)〜12月23日(火・祝) ※16日(火)休館
時間 : 10:00〜18:00 (入館は17:30まで)
12日(金)、19日(金)は夜間開館実施 10:00〜20:00 (入館は19:30まで)
最終日 10:00〜16:00 (入館は15:30まで)
会場 : 国立新美術館 1階展示室1B (東京都港区六本木7-22-2)
tel. 03-6812-9921 (会期中のみ)
入場料 : 一般400円 大学生200円
※高校生以下、70歳以上の方、障がい者手帳等持参の方と介護の方は無料。
※シェル美術賞公式WEBサイトにて、100円の割引券をダウンロードいただけます。
http://www.showa-shell.co.jp/art/exhibition.html

image.jpg

image.jpg

image.jpg

また、この展示の際、国立新美術館の展覧会場入口部に、受賞入選者のポートフォリオを設置します。
事務局より指定のこの黒いファイルが送られてきたので、自身の過去作品40点ぐらいをファイルしました。
ご来場の際は、お時間ありましたら、是非!このファイルもご覧いただけたらと思います。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

「恋とマカロン」
大谷郁代
F6号\紙にパステル

2つ目、「第9回リアリズムの世界展」に出品します。会場は飯田美術さんです。
http://www.iida-b.com/
2期に分かれており、私は第2週目の12日から。
私は上画像の6号と10号の2点を出品します。
第1週 《12月4日「木」〜12月10日「水」》
原 雅幸 ・ 藤井 路夫 ・ 疋田 正章 ・ 三嶋 哲也
第2週 《12月12日「金」〜12月18日「木」》
岡 靖知 ・ 大谷郁代 ・ 佐藤 功 ・ 西房 浩二 ・ 原 雅幸  
11:00〜18:00
場所:飯田美術
東京メトロ「銀座駅」A3出口より5分、都営地下鉄「東銀座駅」A1出口より3分
〒104−0061 東京都中央区銀座7−12−4−3F

image.jpg

image.jpg

3つ目
「サラリーマン・コレクター展」
会期:2015年1月6日〜18日
場所:岡山県天神山文化プラザ
コレクターの山本冬彦さんのコレクションから、私の作品も展示していただきます。
嬉しい(>_<)!です。
約40年に及ぶのコレクションのうち最初期の作品から直近の作品まで、その時々の若手作家の作品62点が出品されます。
【岡山・天神山文化プラザー展:山本冬彦出品作家一覧】
石踊紘一 / 小嶋悠司 / 内田あぐり / 岡村桂三郎 / 河嶋淳司 /
斎藤典彦 / マコトフジムラ / 森山知己 / 北田克己 /
大藪雅孝 / 智内兄助 / 金井訓志 / 開光市 / 広田稔 /
溝部聡 / 柄澤斎 / 舟越桂 / 山中現 / 諏訪敦 /
山本麻由香 / 榎俊幸 / 原 崇浩 / 小木曽誠 / 三瀬夏之介 /
龍口経太 / 福山一光 / 池永康晟 / 岩田壮平 / 王培 /
蒼野甘夏 / 松島智里 / 山崎龍一 / 高松和樹 / 後藤温子 /
富田菜摘 / 坂本友由 / 加藤ゆわ / 大谷郁代 / 阪東佳代 /
小森隼人 / 田中千智 / 川嶋陽介 / 石山浩達 / 堤麻里子 /
塩月悠 / 鶴友那 / 本木ひかり / 丸山恭世 / 原麻奈美 /
佐々木優衣 / 田中望 / 山田優アントニ / 飯沼由貴 /
中屋明子 / 鈴木博雄 / 中原亜梨沙 / 忠田愛 / 石原七生 /
田口由花 / 佐久間友香 / 毛利美穂 / 吉田潤
(以上62名:敬称略:順不同)

image.jpg

そして、4つ目、早めにお知らせを、ということでσ^_^;
来年2015年1月27日(火)〜2月2日(月)にそごう神戸店美術画廊で個展をします。

https://www.sogo-seibu.jp/kobe/kakutensublist/
image.jpg

先日、三ノ宮へご挨拶に伺ってきました。
帰るころの駅のクリスマスイルミネーションが心に突き刺さりますが( i _ i )
個展まで、必死でがんばります!
DMが出来上がり次第、またお知らせします。
それでは!良い年末を!

 

2014年11月05日

「装幀画展 文学とアートの出逢い」に出品します。

image.jpg

秋も深まってまいりました。画像は広島県立美術館3階からの縮景園の眺めです。
先日は母校、広島市立大学での20周年記念展示のギャラリートークに行ってきました。
お集まりいただいた方々、誠にありがとうございました。
私の不甲斐のない喋りはことさらに残念ですが、他4人の作家の方々は立派なお話でした。直前に付け焼き刃のスピーチのコツみたいものをネットで検索していたのですが、緊張で吹っ飛びました。自分の能力のなさを感じた次第ですorz
12月13日に東京の新美術館で、またギャラリートークをする1人として参加させていただきます。
あぁー…どうやったら上手にしゃべれるのかなぁ…なんとか練習して普通にしゃべれるよう、頑張ります。
広島の展覧会は11月9日までです。お近くの方はどうぞよろしくお願いします。

image.jpg

それはそうと、次の展示のお知らせです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「装幀画展U 文学とアートの出逢い」
2014年11月19日㈬〜11月30日㈰ 11:00〜19:00
麻布十番 パレットギャラリー
〒106-0045 東京都港区麻布十番2ー9ー4
お問い合わせTEL&FAX:03‐6435‐2336
E-Mail:paletteg10ban@gmail.com
アクセス:「麻布十番」駅、東京メトロ南北線4番出口、都営大江戸線7番出口より徒歩3分
麻布十番のランドマーク・パティオ十番すぐ、広場とピーコックの中間です。
http://palette-gallery.jp/
・高橋千裕(装幀・造形家)・御子柴大三(アート・コーディネーター)・山本冬彦(アート・ソムリエ)の推薦する作家たちの装画展です。
・展示では、原画とともに装幀カバーに仕立てた文庫本を展示いたします。
―出品作家―
石居麻耶 岩渕華林 宇野亜喜良 大竹彩奈 大谷郁代 蟹江杏 財田翔悟 新藤杏子 高橋千裕 田嶋健太郎 立木美江 中西静香 中原亜梨沙 名古屋剛志 成田朱希 新倉佳奈子 野村直子 深瀬優子 まちゅまちゅ 宮本順子 桃田由加里 山科理絵 山城有未 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作家が好きな文庫本を選んでオリジナルの装幀画を描くという展覧会です。
2010年に日本橋高島屋さんで「ストーリーテラーズー小説と絵画ー展」という展示があり、作品を出品させていただきました。その時は恩田陸さんの「三月は深き紅の淵を」を題材にさせていただき、絵を描きました。この三月シリーズ(他には「麦の海に沈む果実」「黒と茶の幻想」「黄昏の百合の骨」)が好きで、絵を考えるのが楽しくてとても良い経験でした。

寝る前に小説を読むのが好きです。最近は恩田陸さんの「夢違」を読みました。
ちょっと怖い話ですが、背景に流れる恩田さんの以前からの奈良・吉野への畏怖の念みたいなものを感じたり、恩田さんらしい美しくて怖い世界がありました。「夢は外からやってくる」共通の幻想のようなもの、それが現実にやってくる怖さと不思議な納得感?みたいなもの…ちょっと違うかもしれないけど、「世間」ってみんなが何となく共通に擦り込まれた幻想で出来ているのかなぁと。夢や意識と無意識については私の絵にとっても、関係深いテーマなので、楽しめた物語でした。

image.jpg

image.jpg

今回はちょっと違って、文庫本のカバーを作ることをテーマにした装幀画展ですが、また小説とコラボ出来る展示ということで、楽しみです。以前からもよく読んでいる小川洋子さんの「猫を抱いて象と泳ぐ」の作品制作とカバーデザインをしました。小川さんの世界はとても優しく切なく、壊れやすいものを丁寧にそっと手で包みこむような…涙で溢れるような美しい世界。チェスのお話なので、自前のチェスをモチーフに描きました。画像にある木の手は、物語に出てくるオートマータのチェス人形のために使えないかと購入したものです。結局うまくいかず、神戸のドールミュージアムにも行って資料を購入したりしたのですが、色々考えた上、下画像のような作品となりました。この手の使い道を考えなくては…カバーはギャラリーさんがきちんとした印刷をしていただきそれを展示するのですが、ひとまず自分で作ってみました。

image.jpg

image.jpg

大谷郁代「ビショップの行方」
F4号/紙にパステル 2014年制作

image.jpg

是非、会場で本物を観ていただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いします。
この後も展示があるので、ひたすら制作頑張ります!
それでは〜

2014年10月28日

シェル美術賞展で保坂健二郎審査員奨励賞をいただきました!

ニュースです!
この度、「シェル美術賞展2014」という絵画のコンペディションに応募したところ、
「保坂健二朗審査員奨励賞」という賞をいただきました!
バンザーイ(≧∇≦)!私の作品を選んでいただき、ありがとうございました。
シェル美術賞は、1956年の創設から数えて今年で58周年の「画壇の登竜門」と呼ばれる歴史あるコンペです。
励みになるなぁ(/ _ ; )…肌寒くなり、より孤独感が増す中、本当ありがたいです。

下記概要をご参照の上、是非観に行っていただけたらと思います。
私も会場でどんな風に見えるのか、ドキドキです。
レセプションやアーティストトークもあるので、その際上京しようと考えています。


展覧会開催概要http://www.showa-shell.co.jp/press_release/pr2014/1028.html
【シェル美術賞展2014】
会期:2014年12月10日(水)〜12月23日(火・祝) #12月16日は休館
10 :00ー18:00(最終日は16:00まで、12日(金)、19日(金)は20:00まで、入場は閉場30分前まで)
会場:国立新美術館 展示室1B 東京都港区六本木7-22-2
入場料:一般400円 大学生200円
高校生以下、70歳以上の方、障害者手帳等持参の方と介護の方は無料

大丸2️アーティストトーク開催概要
日 時  2014年12月13日(土)14:00〜15:30(予定)
会 場  国立新美術館(展覧会場内)

image.jpg

また、昨日27日より、「広島市立大学開学20周年記念 活躍する卒業生 未来をつくる」展が始まっています。http://museum.hiroshima-cu.ac.jp/index.cgi/ja?page=Home
先日、搬入・飾りつけに広島に行ってきましたが、様々な専門の作家さん作品があり、楽しい展示になっています。
お住まいの場所によるとは思いますが、良かったら是非ご高覧下さい。
11月1日、2日は大学祭を開催中で、フリーマーケットや模擬店などやっています。
http://ichidaisai.club.hiroshima-cu.ac.jp
あ、2日にはお笑い芸人のラバーガールが来るみたいですよ(^_^)
きっと楽しい。ぜひ遊びに来てくださーい。

image.jpg

事務局の方から中国新聞の取材があり、展示のことを記事にしていただけるようとのことでした。掲載日はちょっとわからないですが、中国新聞をご購読の方、注目していただけたら嬉しいです。

大丸2️会期: 2014年10月27(月)〜11月9日(日)
10:00〜17:00(土・日は16:00まで) 入場無料
会場: 広島市立大学芸術資料館展示室
交通アクセス:http://www.hiroshima-cu.ac.jp/page/content0002.html
〒731-3194 広島市安佐南区大塚東三丁目4番1号
「広島高速4号線」経由で、広島市内中心部からバスで最短13分です。

大丸2️ギャラリートーク
日時:平成25年11月2日(日) 14:30〜16:00
展覧会:広島市立大学20周年記念 活躍する卒業生 未来をつくる
場所:広島市立大学芸術資料館展示室
ギャラリートーク:新生加奈(5期生、日本画、広島)、
         大谷郁代(7期生、油絵、大阪)、
         野原邦彦(8期生、彫刻、埼玉)、
         田村佳与(2期生、デザイン、広島)、
         佐故龍平(2期生、工芸金工、岡山)
image.jpg

image.jpg

あとあと、大学時代の友人たちが広島の横川というところで、町をあげてのアートイベント中です。http://yokogawagekijyo.info/index.html
先日、私も展示を回ってきましたが、町の方も温かく、楽しい催しとなっています。
お店も可愛い(*^^*)
お昼は「こふじもち」で定食を食べましたが、とっても優しい味ですっごく美味しかったです。もちろんお餅も美味しいです。お客さんも絶えず、特にランチ時は人が並びます。私がいる時もすぐ埋まってしまって定食も売切れてましたので、ご注意ください。http://yokogawanow.com/shop.php?shopid=28

image.jpg

image.jpg

久しぶりにひろしま美術館で常設をゆっくり観ました。
素晴らしすぎる!夢のような美術館です。
http://www.hiroshima-museum.jp
特別展は「旅する画家 安野光雅 ヨーロッパ周遊旅行」ものすごくたくさん作品が並んでいました。

というわけで、今週も広島行くし、制作、バリバリがんばります!
あー…でも昨日の夜寝る前に、Gyaoで「ヒミズ」見て、変な夢見て落ち込んだなぁ。
主役の二人の演技力の高さに震えました…31日まで無料で見れますよ。
漫画とはエンディングが違ったなぁ。そこはちょっと希望的かな。
でも古谷実さんの漫画を読んだ時の、自分の日常まで侵食してくるような不安感、絶望感を久しぶりに思い出しました。はー、なんか落ち込むなぁ。
http://gyao.yahoo.co.jp/player/01070/v00235/v0000000000000000504/
でもネガティブな時の方がクリエイティビティが高くなるって、
ホンマでっかTVで言ってたし 笑
がんばろー

ではー

2014年10月11日

ポスターでの展示のお知らせ。

image.jpg

ポスター、作っていただきました!
皆様、観に来てください〜

「広島市立大学開学20周年記念 活躍する卒業生 未来をつくる」展
http://museum.hiroshima-cu.ac.jp/index.cgi/ja?page=Home

会期: 2014年10月27(月)〜11月9日(日)
10:00〜17:00(土・日は16:00まで) 入場無料
会場: 広島市立大学芸術資料館展示室
主催:広島市立大学芸術資料館
お問い合わせ:広島市立大学芸術資料館 電話082-830-1507
交通アクセス:http://www.hiroshima-cu.ac.jp/page/content0002.html
〒731-3194 広島市安佐南区大塚東三丁目4番1号
「広島高速4号線」経由で、広島市内中心部からバスで最短13分です。

ギャラリートークも出まーす(^_^)↓
http://www.20th.hiroshima-cu.ac.jp/blog/2014/10/
来てくだされば幸いです。
よろしくお願いします。

あ、あと今更ながらですが、最近Twitter始めてみましたσ(^_^;)
アカウントもってたんですが、ずっとほったらかしで…
主に情報収集目的で、リツイートとかが多いですが、
良かったらフォロー、よろしくお願いします。
https://mobile.twitter.com 大谷郁代

それでは素敵な3連休を〜
って台風接近中ですね。
友人たちとのパジャマパーティーが延期になった〜_| ̄|○
鬱々と制作がんばります。
では〜
image.jpg


2014年09月07日

【広島市立大学開学20周年記念 活躍する卒業生 未来を創る】展

この爽やかさ、すこしずつ秋に近づいていますね。
ちょっと早いですが、来月末ごろからの展示のお知らせをします。

image.jpg

母校、広島市立大学が今年で開学20周年を迎えました。
その記念に際し、大学では様々な催しがされるそうです。
http://www.20th.hiroshima-cu.ac.jp/
そのひとつとして、大学の芸術学部棟にある芸術資料館でOBによる展覧会をします。
ということで、出品のお誘いをいただきました。
私が大学を卒業したのは2004年で、ちょうど10年がたちました。
皆様に支えられて、何とかカントカ制作を続け、今に至ります。
まだまだ未熟なもので、大変恐縮ではありますが、せっかくの機会ですので
喜んで引き受けさせていただきました。
------------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------
【広島市立大学開学20周年記念 活躍する卒業生 未来を創る】展
http://museum.hiroshima-cu.ac.jp/index.cgi/ja?page=Home

会期: 2014年10月27(月)〜11月9日(日)
10:00〜17:00(土・日は16:00まで) 入場無料
会場: 広島市立大学芸術資料館展示室
主催:広島市立大学芸術資料館
お問い合わせ:広島市立大学芸術資料館 電話082-830-1507
交通アクセス:http://www.hiroshima-cu.ac.jp/page/content0002.html
〒731-3194 広島市安佐南区大塚東三丁目4番1号
「広島高速4号線」経由で、広島市内中心部からバスで最短13分です。

■ギャラリートーク
日時:平成25年11月2日(日) 14:30〜16:00
展覧会:広島市立大学20周年記念 活躍する卒業生 未来をつくる
場所:広島市立大学芸術資料館展示室
ギャラリートーク:新生加奈(5期生、日本画、広島)、
         大谷郁代(7期生、油絵、大阪)、
         野原邦彦(8期生、彫刻、埼玉)、
         田村佳与(2期生、デザイン、広島)、
         佐故龍平(2期生、工芸金工、岡山)
『本学を卒業した卒業生中から、現在活躍する卒業生5名によるグループ展を実施します。
個展や雑誌で活躍する新生加奈、大谷郁代、海外でも評価の高い野原邦彦、デザイン会社で様々な依頼に取り組む田村佳代、若手金工作家として飛躍の佐故龍平を迎え、作品合わせて約30点を展示します。
11月2日(日)には、5名によるギャラリートークも実施。大学の20年、そして卒業生の20年の成長をご覧ください。』

image.jpg

「プルーストへの招待」2014 大谷郁代 65.2×90.9p(P30号)パネルに紙、パステル

大丸2︎11月1日(土)18時からは、広島市文化交流会館(旧広島厚生年金会館)で懇親会(同窓会)もあるそうです。
参加申し込みページ:https://www.20th.hiroshima-cu.ac.jp/hcd/hcd_reg/
お問い合わせ先
事務局学生支援室学生支援グループ(同窓会事務局)
E-mail:gakusei&office.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えてください。)
Tel:(082)830 – 1522 FAX:(082)830 – 1529

------------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------

image.jpg

image.jpg

昨年はこれまた母校の大阪市立工芸高等学校が90周年ということで、
記念誌に寄稿したり、校内展示に出品したりと協力させていただきました。
http://www.ocec.ne.jp/hs/kogei/kogei/
image (1).jpg

昨年度までで1万8千名余の同窓生がいるということでしたが、記念式典ではご活躍中の大先輩方のお話や生徒とのディスカッションも聞けました。
パーティも楽しかったです。
創立100年まであと9年。その時、今よりもっと良い制作が出来ているかなぁ。
がんばらないとp(^_^)q

image.jpg

中学生の時、学校見学で文の里の駅から工芸に向かって歩いていて、時計台のある校舎の緑色の瓦屋根が少し見えた時、もう、嬉しくてニヤけてしまってしょうがなかったことを思い出します。あの光景、期待に胸膨らませたあの気持ちは忘れられません。
本気で画家になる人生を歩もうと考え始めたのは中学生の時ですが、
「すべてはここからはじまった。」工芸高校美術科での制作の毎日と人との出会いは人生の宝物です。心が、情熱がなんだか剥き出しで生きていたようで、めちゃくちゃ恥ずかしいことを平気で出来た時代でした。
そしてその後の広島市大での4年間は、今の自分を築いていくのに大変重要な期間でした。

image.jpg

今年の夏、大学時代お世話になったゼミの野田先生、森永先生と久しぶりにお会いしました。
『だて噴火湾アートビレッジ2014・画伯にチャレンジ・北海道ジュニア美術セミナー』を先生たちと一緒に、小学生〜中学生の指導をお手伝いすることで北海道に行ったのですが、
子供たちの柔軟な発想や創作の根源に触れるような意欲を感じ、私自身が色々と刺激をいただきました。笑顔溢れるセミナーとなり、とても楽しかったですo(^_^)o
野田先生のアトリエにもお邪魔させていただきましたが、これぞ画家の夢!というような環境で、見学しつつ秘かにこれからの自分を鼓舞しておりました 笑

振り返れば、反省しつつもよくやったと自分に言えるような日々でありたいと思います。
今後も皆様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

2014年08月27日

東京滞在

image.jpg

-------------------------------
スワンの恋
大谷郁代
P20号
パネルに紙、パステル
-------------------------------

日本橋三越さんでの「LIONCEAUX PLUS (リオンソープリュス)展 Vol.4
〜華咲け 現代洋画の俊英たち〜」は25日を以って終了しました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

image.jpg

私はギャラリートークの時に在廊させてもらいました。
相変わらず緊張しました。

会期中在廊はあまり出来ませんでしたが、
たくさん取材場所を見学したり、ギャラリーや美術館で展覧会を観て勉強させてもらいました。
色々お世話いただいた方々、ありがとうございました。

image.jpg

image.jpg

特にヴァロットン展、面白かったです。ゾクっとするような構図、絵作りでした。
画集はこの東京滞在中、ギャラリーでいただいたものなど。
池永さんの画集はサイン入りポストカード付き(*^_^*)
アートもりもとさんでは佐賀大学出身の作家さんのグループ展が行われていました。
みんなイキイキとしていて、私もガンバローと思いました。
Gallery SuchiさんでのM氏コレクション展では
小尾さんの作品や原さんの大きな作品を3点も観ることが出来ました。すごく良かったです。
今、描こうとしている作品に向けてのイマジネーションの助けとなりました。

image.jpg

大学時代の友人や新たな人との出会いもあり、楽しく有意義な東京滞在でした。
お世話になった方々、本当にありがとうございました。
打ち震えるようなすごい作品が描きたいです。
がんばるぞー
かき氷の季節も過ぎていこうとしていますね。
秋にはまた展示もあるので、会期が近くなったらこちらのブログでお知らせします。
どうぞよろしくお願いします。

それでは〜(^_^)☆


2014年08月14日

展示のお知らせと模写を額装してみた件

立秋とは名ばかりの暑い日が続いていますが、お元気でしょうか。

image.jpg

いよいよ「LIONCEAUX PLUS (リオンソープリュス)展 Vol.4
〜華咲け 現代洋画の俊英たち〜」が来週の20日から始まります。
繰り返しのお知らせですが、どうぞよろしくお願いします。

場所:日本橋三越本店 本館6階 特選画廊
会期:2014年8月20日(水)〜25日(月)※最終日は17:00閉場

出品作家によるギャラリートークは23日土曜日14時からあります。
日本橋三越8月の展覧会情報↓(私の作品も載っています)
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/floor/main_6f/art/info01.html#04

本展の図録がデジタルカタログでご覧いただけます。
http://mitsukoshilibrary.com/eBookBuilder/ebook/index.php?userid=nihonbashi&code=art140820

image.jpg

先日のドガの模写作品を額装しました。
良い感じに絵と合っている気がするのですが、どうでしょうか(o^^o)

三越さんでは6号と20号の作品2点を展示させていただきますが、
額装した作品が会場でどのように見えるか、楽しみです。
皆様、よろしくお願いします。

それでは〜(^-^)/

2014年07月27日

月刊Art Collectors'8月号に案内が掲載

image.jpg

先日のブログでお知らせした「LIONCEAUX PLUS (リオンソープリュス)展 Vol.4
〜華咲け 現代洋画の俊英たち〜」ですが、
25日発売の「月刊Art Collectors'8月号」に私の出品作品と共に案内が掲載されています。
「展覧会のご案内」のページです。
私は雑誌掲載の6号と20号、新作2点を出品します。

今月の特集は「アートバーゼル・香港 世界の美術がやってきた!」
書店等にお立ち寄りの際は是非手にとってご覧ください。
大丸2︎アートコレクターズHP
http://www.tomosha.com/collectors/
--------------------------------------------------------------------
■LIONCEAUX PLUS (リオンソープリュス)展 Vol.4
〜華咲け 現代洋画の俊英たち〜
場所:日本橋三越本店 本館6階 特選画廊
会期:2014年8月20日(水)〜25日(月)※最終日は17:00閉場
日本橋三越本店 | 催し物カレンダー | ↓
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/event/index.html
※DMが出来たら、またこちらのブログでお知らせします。
送付希望の方がおられましたら、メール下さい。
--------------------------------------------------------------------