2012年12月02日

アートコレクターズ12月号で展覧会告知掲載

街ではクリスマス前の、キラキラした賑やかな模様が見られるようになりました。
もう師走かぁあせあせ(飛び散る汗)
今年もあっという間に終わりそうです。
日本橋三越さんでの「ざ・てわざU」展
銀座三越さんでの同世代の若い作家さんと一緒にした展覧会
瀧川画廊さんでの個展
など忙しくも充実した年でした。

今年はあともう一つ、
この間アナウンスした飯田美術さんでの
第7回『リアリズムの世界』展という展覧会に出品します。
もう第1週の展示は始まっていますね。
私は第2週です。もう1点も送りました。

sensitive大谷郁代(画質低).jpg

Sensitive
大谷郁代
M10号、紙にパステル

〇第1週 会期:11月29日(木)〜12月5日(水)
出品作家:西房浩二 原雅幸 増川卓嗣 三嶋哲也
 
〇第2週 会期:12月7日(金)〜12月13日(木)
出品作家:大谷郁代 岡靖知 佐藤功 藤井路夫
 
開廊時間:午前11時〜午後6時(会期中無休)
場所:飯田美術
   東京都中央区銀座6−10−10第2蒲田ビル2階
пF 03-3573-7277
http://www.iida-b.com

このインフォメーションとして
今月の『アートコレクターズ』に作品を掲載していただいております。(P104展覧会ガイド)

アートコレクターズ12.jpg

2012 No.45アートコレクターズ
http://www.tomosha.com/collector/index.html
今月の特集は【酒器のある暮らし】ということで、「もっとおいしくお酒を呑むための酒器選び Q&A」や
河北秀也さん、道尾秀介さん、都築響一さんらの「わたしとお酒」インタビューなど。
わたしも恥ずかしながらお酒を少々嗜みますw
もっぱら家飲みですので、誌上頒布掲載の酒器、気になります。
飲み口が柔らかくて、色合いが可愛いぐい呑と徳利が欲しいなぁ
日本酒がさらに美味しい季節となりました。
 
7日からの展覧会、7日、8日とちょこっと私も在廊する予定です。
作品とともにお会い出来るのを楽しみにしております。
この時期、いろいろ観たい展覧会も多いので、出歩いてたらスミマセンたらーっ(汗)
ブリヂストン美術館でギュスターヴ・カイユボットの「ピアノを弾く若い男」が展示されていますね。
(気ままにアートめぐり−印象派、エコール・ド・パリと20世紀美術−http://www.bridgestone-museum.gr.jp/exhibitions/
お世話になっているギャラリー和田さんも参加「している【銀座ギャラリーズ Xmas アートフェスタ 2012】という企画も楽しみです。

それでは〜