2011年06月27日

取材と京都の展示

もう、さっそく夏の暑さですね。
低血圧だからか、寝不足だからか、栄養不足なのか
めまいでフラつくこの感じ。
まだまだ暑さの本番ではないのに…参ります。

絵の取材を夏に色々予定しています。
北海道行きは断ることになりそうで残念ですが…
関西圏で昨日、一昨日も行ってきました。
友人の協力とお店の方にご理解いただき、制作意欲満載の取材が出来ました。
本当にありがとうございました!
良い作品が出来るよう、誠心誠意取り組んでいきます。
10月の展覧会で発表出来ると思います。
ご期待ください。
また、新しいモチーフを取り入れる取材も予定しています。
ちゃんと形になっていくかは分かりませんが
ワクワクしています。

昼食.jpg

↑とっても美味しいグラタンでした黒ハート

P6260855.JPG

京都に取材に行ったので、観たかった「青木繁展」と「フェルメールからのラブレター展」を。

P6260854.JPG

P6260859.JPG

青木繁さんの芸大卒制の自画像に、胸がギュッとなって色々と込み上げてきました。
いつか今が過去に変わるけど、
情熱、強い決意、
画面から22歳、作家の現在が永遠に発せられているなぁと感じました。

常設では青木さんの友人でありライバルの坂本繁二郎さんの展示もありました。
日本画の「コレクションにみる初夏」は本当に爽やかな涼しさを感じる展示でした。

フェルメールの方は17世紀オランダの色んな作家の風俗画が観られ、
最後の部屋にどーん、どーん、どーん、と3点、フェルメールが贅沢に並べられていました。

立て続けに観たら疲れるやろうなぁ…と覚悟していたけど
とにかく元気になりました。
眠りたくないという勢いです。
あんまり興奮状態で絵を描き始めると、真夜中のラヴレターのような絵になっちゃうので気をつけたいと思います。
でも、これは良い絵になるぞー!

それからちょっと前にギャラリーで観た展覧会なのですが
「−小さな惑星−新宮普 展」T's gallery /山木美術
素晴らしかったです。
宇宙や自然、静かに風に揺られる作品から大きな何かを感じずにはいられない
素敵な展覧会でした。
版画も素敵やったし。
http://www.ts-gallery.jp/
http://www.h2.dion.ne.jp/~yamakig/new1.html

そんなわけで、ヘタってはいられないのです。
皆様もご自愛ください。
がんばりましょう。



posted by Ikuyo at 01:35| 取材について