2011年03月13日

地震

このたびの東日本での巨大地震により、亡くなられた方、被災された方に対して、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。

大阪では震度3程度で、立ちくらみかと思う揺れでありましたが、被害状況をテレビの報道で見て、絶句。
家や家族、友人を亡くし、呆然と立ちつくす、または泣きくれる姿、本当に心が痛みます。

実際の被災地にお住まいの方、また被災地に大切な方がおられる方に置かれては、
本当にご心労の多い時間を過ごされている事かと思われます。

私の妹も地震の際、栃木の美術館にいて今も帰ってこれる目途がたっていません。
無事で良かったのですが…心配です。
繋がらないので何度もかけていたら「電話は聞こえへんし電池減るからかけんといて」とのメール。。。
ただ現地の方に大変親切にされているようで、ご自身も大変なときに、本当に感謝です。
早く交通が回復して帰ってくることを願っています。


消防士の弟は岩手県へ向かい、救難にあたっています。
報道を見ていると、外国からもたくさんの救援隊が駆けつけていただいているようで、心強いです。
まだ余震もたびたびあるようですし、職務にあたっていた方も亡くなったり行方不明になったりしていて、心配ですが、どうか頑張って1人でも多くの命が助かることを祈っています。

福島の原発も本当に不安です。
被爆された方は大丈夫でしょうか…
震災の被害を受けていた東京町田の友人によると停電がたびたびあるようで電気がないと仕事が進まないこと、強い余震がまたくるかもしれないことに不安だと言っていました。

母校の広島市立大学では入試の前日で、関東、東北からの受験者が来れない影響が出ていると言っていました。

天変地異には無力な人間ですが、それでも何でも、生きていく力を信じて助けあって、元気を取り戻せることを願っています。
posted by Ikuyo at 14:42| Diary