2010年02月12日

チョコレートと小説

P2110012.jpg

久々の日記でお決まりですが、二月はほんと早いですね。
モタモタしてたら、もうバレンタインです。
買いにいかへんとなーと思いつつ伸ばし伸ばしに。
でも絵はもう3枚はおよそ完成しました。あと+描きかけ4枚。
私にしては好ペースです。
4月の展覧会をお楽しみに。

P2110003.JPG

P2110016.JPG

P2110021.JPG

P2110006.JPG

姉と一緒に大丸さんに買いに行きました。
ショコラ プロムナードというバレンタイン特設会場が設けられていて、女子・集結といった感じで賑わっていました。
私ら姉妹もその中に紛れ、
デメルのパッケージめっちゃ可愛い、やらドゥバイヨルって女の子向けに売られてるやんな、とかマックスブレナーの缶かんポップで可愛いし美味しいで、やら
あーだこーだ、アレがいーコレがいー
あ、アレ食べへん?
そんじゃまた後で!
ってことでミルキーショップ前で各々買って待ち合わせ。

P2110033.JPG

P2110019.JPG

ミルキーソフトを食べようかと言ってたのですが、その横にミスドの新展開の店がやってて(cafe andonand)姉におごってもらいました。

P2110030.JPG

味はミスドの味って感じでしたが、多分カフェ度の高い、通常よりこだわってる風でした。姉の方はチーズケーキ風?のドーナツを頼み、一口もらう。こちらはミスド感が低かったです。

P2110035.JPG

こちらは練乳を薄めたような味…
ごちそうさまでした。

私は本屋に行きたいねんってことで解散。
その後、本屋で閉店まで長居して立ち読みしてしまいましたが、

P2110049.JPG

今日は5冊購入。
恩田陸さんは「蛇行する川のほとり」をこの間初めて読んだのですが、一夜で一気に読んでしまうほど引き込まれました。ドキドキするし全体にノスタルジックでガーリィ。情景が光に包まれていて美しいと感じました。
面白かったので映画化もされた有名なこの1冊を。
あとパウロ・コエーリョさんは全部読んでいこうと思います。
角田さんは相変わらず人物の背景がしっかりとしていて、リアルな感じを受ける表現で、この本も電車でバーっと読んだのですが、惹かれます。
共同生活をするところから始まる話なんですが、私も大学時代は友人4人での一軒家共同生活を過ごしたことが思い出されました。私の人間としての未熟さやイビツさ、反省しきりです。
白石一文さんはこれが初めてですが、店頭での立ち読みで大分興味が湧いたので購入しました。
姉おススメ、
『…
自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ』
の茨木のり子さんの
「わたしが一番きれいだったとき ~凜として生きるための言葉~」という多部未華子さんの写真とともに詩がのった単行本が出ていました。
『…
わたしが一番きれいだったとき
わたしはとてもふしあわせ
わたしはとてもとんちんかん
わたしはめっぽうさびしかった

だから決めた できれば長生きすることに
年とってから凄く美しい絵を描いた
フランスのルオー爺さんのように ね』

色んな本を読みあさり、立ち読みしすぎて疲れました。本屋さんとか図書館って美術館行った様に満足感と幸福感とドシーンっとした疲れがきますね。
作品の中に入り込んで、フッとその場にいる現実に戻った時、なんかクラクラします。そんなことを繰り返し、建物を出たあとはもう、精神が宙に浮いています。

駅前でたこ焼き買って帰ると姉のお土産、551の豚まんがあったので夜中ながらビールとともにいただきました。

さー今月はあと2枚は完成します。
春は目前、体調に気をつけて頑張っていきましょう。

posted by Ikuyo at 03:03| Book