2009年12月22日

09年展覧会終了

2009年12月19日をもちまして今年の発表は終了いたしました。

この度のギャラリーニケさんの展示に来て下さった皆様、お忙しい中、ありがとうございました。

毎度ながら、自分の手元を離れた作品をギャラリーで観るのはとても勉強になります。
ご意見いただいた皆様に感謝です。
せっかく来て下さったのにお会いできなかった方、申し訳ないです。
来年も東京での展示も予定していますので、もしよろしければまた観に来ていただけたら光栄です。なるだけ会場にいれるよう努めたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

この時期、東京では色々と興味深い展示がやっていまして、それもまた観れて良かったです。
とても刺激になり、「早く帰って絵が描きたい!」と焦りましたあせあせ(飛び散る汗)
私も若いつもりですが、もっともっと若い作家さんもいっぱいいて、立派にやってはりますね。

それぞれのやり方、ペースがありますが、24時間をもっと有効に使って頑張らないと、どんどん歳ばっかりくってしまいそうで怖いなぁ〜、と作品の額のアクリル板に映る自分を見て思いました。
年上の作家さんも歳を感じさせない方が多く、私もそんな風になれたらいいなぁ。
そして貫禄も欲しい。貫禄っていうか、落ち着き?みたいなもの(笑)なかなか付いてきませんね。

色々とお話して下さった作家として、人生としての先輩方、勉強させていただきました。まだまだ私には分かってない所があると思いますが、失敗しながらでも学んでいきたいです。
極力人様に迷惑はかけないように頑張ります。

PC200107.JPG

六本木ヒルズの森美術館では内容も出品作家さんも大変豪華な面白い展示がやっていました。
その中には礒江先生のバニータスやハーストの絵画があったり。
そして大学の一つ上の先輩の作品もあって、ご活躍されているなぁ〜と思いました。
画像はヒルズのシティビューから。

PC200125.JPG

色んな展覧会、作品、作家さんがいて、それぞれの個性に気圧されそうになりますが、やはり自分の立っている所から見て、一歩を進むしかないな、と無数の光に誓いました。
そうしていれば、きっと来年の今頃はまた違う景色が見れるのだと思います。

PC200139.JPG

PC210245.JPG

それではちょっと早いですが、メリークリスマス。
良いお年を。

一緒に飲んでくれた友人方に感謝です。
また飲みましょう。