2009年05月31日

東京

6月1日(月)、明日より銀座で第9回RUBICON展が始まります。
(詳細は前回の日記http://ikuyo.sblo.jp/archives/20090524-1.htmlもしくはホームページhttp://www.ohtaniikuyo.com/news/news.htmにて)

私は会場の飾りつけに行ってきました。
それぞれの作品が楽しめて全体的に内容の濃い展覧会になっていると思います。
出品者は私を含め皆、広島市立大学芸術学部絵画専攻(油絵)卒業生です。
毎日、誰かしら出品者が在廊していますのでお気軽に声をかけてください。会場でご意見、ご感想などいただけたら嬉しいです。

そして一旦大阪に帰ってきたのですが、東邦アートさんでこっちでやってる展覧会を教えてもらったのでその足で行ってきました。

P5300144.jpg

「両洋の眼」展
絵画の大御所作品が95点、一堂に会した豪華な展覧会でした。
会期は今日までだったので一旦帰って良かったな、と思いました。

東京では
損保ジャパン東郷青児美術館で「岸田劉生―肖像画をこえて―」
開館とともに入ったのでゆったりじっくり観れてとても良かったです。

VC[W.JPG

東京オペラシティアートギャラリーやICC

VC[W2.JPG

上野の森美術館「ネオテニー・ジャパン―高橋コレクション」
現代美術、有名・気鋭作家のオンパレードでとても楽しんで観れました。

それから「画廊の夜会」という銀座の29の画廊が夜遅くまでやっている機会に恵まれたので
気になる展示をあちこち回りました。

また次は4日〜東京に行くのでいくつか観てまわりたいと思います。

P5280006.jpg

画像は六本木ヒルズのカフェで食べたミルクレープ。
食べ応えがありました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29494170

この記事へのトラックバック