2009年03月07日

制作過程を少し公開

★ホームページ補完ブログ★

以前の記事で、木炭を使用していることに触れましたが、今回は木炭にクローズアップします。
:エピソード1:パステルを使っての制作方法及び保存性、魅力について
■内容はコチラ→http://ikuyo.sblo.jp/article/23629680.html
:エピソード2:パステルのメーカーとその特徴について
■内容はコチラ→http://ikuyo.sblo.jp/article/26668714.html

:エピソード3:木炭について

木炭という画材は最も単純で、基本的な、かつ最初に登場した筆記具です。幼いころ焚き火をした木の燃えさしで絵(らくがき)を描いたことはありませんか?単純ですが、とても強い黒がハッキリと出て、あちこちに描けて楽しかった記憶があります。

Odilon Redon2.gif

木炭画で素晴らしい作品といえば、私はまずはオディロン・ルドン。
ルドンは自らが「最も本質的な色だ」と言う、黒・・・色彩よりも黒がはるかに優れた精神の代理者と考え、木炭やリトグラフといったモノクロームの精神性の高い作品を数多く残しています。

他にもマティス、ドガ、クールベ、ドーミエ、ロートレックなど西洋の画家達や安井曾太朗などが、木炭による明暗の調子の美しい素晴らしい素描を遺しています。私は高校の時に本格的に木炭でデッサンするようになりましたが、安井曾太朗さんの人物デッサンに憧れて、(中学時代は野田弘志先生の作品に魅了されて鉛筆大好きっコでした)模写をしていました。

obj199704352s.jpg
安井曾太朗《人体(男)》1907年 木炭、紙62.8×48.1cm 愛知県美術館

また習作や下絵としてですが、ダ・ヴィンチやミケランジェロなどその域を超越した優れた作品があるのは周知のとおりです。

eNG63372.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチ《聖アンナと聖母子》1498年 木炭、鉛白・紙 139×101cm ロンドン、ナショナル・ギャラリー

黒といっても様々な黒があり、つまりはグラデーション、トーンで、それを表すのに最適なのが木炭だと思います。日本の画用木炭といえば「伊研」さんですが、これらの木炭は燃えさしのように燃焼させたものではなく、充分に乾燥させた後、容器の中に密封させて、蒸し焼きにしたものです。原料として使われる木材は柳が最も多く、葡萄、菩提樹、プラタナス、桑など、種類はかなり多くあります。また、その原料の種類や蒸し焼きの際の温度によって、硬質のもの、軟質のものがあり、描画に褐色から青みがかった灰色まで微妙な色の差を生み出します。これらの木炭を組み合わせて使うことによっても調子の表現の幅を広げることができます。
★詳しくは伊研ホームページ→http://www.fsinet.or.jp/~iken/index.html

木炭の濃淡は描いては擦りこむことで作れます。描き込んだ後、ふあぁ〜っと布でやるとぼやぁ〜となって、また描いてふあぁ〜ってして、の繰り返し、こうして出来るグラデーションが絶妙です。また、鉛筆のように光を反射しないので、塗り重ねると光沢のない、しっとりとした黒が得られます。まさに漆黒の闇です。木炭は固着性が低いので、でこピンで落ちるし、消し具による抜きが良く、光の明暗を描き出すことが出来て、その感じはめちゃくちゃ気持ちいいです。今では練りゴムを使っていますが、高校の時はなぜか、本格派は食パン、と思いこんで食パンを使っていました。

あとこの「ふあぁ〜」とするとせっかく描き込んだものが全部ぼやけるのですが、(グラデーション作り、立体感、全体感を掴むのにも必要なことなのですが)まだ鉛筆的構築方法で描いていた時分、これを先生にされると台無しにされたような気になって、とても恨んでいました。徐々に木炭の扱いが分かってくると、木炭と油絵は素材を別にして、同じなんや!と体感して感動したのを覚えています。(油絵を先にやっていたので。)
でも、彫刻にしても通じるのだろうし、デッサン、その描き方、つまりはものの見方というものは何を造る際にも同じなのだろうと思います。私を一から指導してくださった大阪市立工芸高校の先生方、デッサンの重要性を耳が痛くなるほど言ってくださった市大の教授方には言い尽くせない感謝の想いでいっぱいです。

u22.@camelv.jpg
大谷郁代《camel》 2007年 606×910mm 木炭,アクリル/MBM木炭紙 個人蔵

大学に行って卒業して色んな素材を巡り巡って、また木炭に帰ってきた2007年作品↑
ほぼ木炭なので木炭画といえると思います。高校時にもよく授業でスケッチに行った思い出深い天王寺動物園のラクダです。
そこからまた色が欲しくなって、色々やってみて・・・で現在のパステルです。

木炭を扱う際注意しなければならないことと言えば、木炭の中心にある軟らかい芯の部分を細い金属針で取り除いておくことや、汗などの脂分を画面に付着させないこと、どちらも画面の汚れになってしまいます。それと鉛筆同様、木炭の粉が容易に剥落してしまうので、必ず定着液で定着しておくことです。木炭はあらゆる種類の紙、布などに描けますが、木炭紙が最も一般的です。木炭紙は亜麻などの硬質繊維を原料とし、丈夫なので、繰り返し擦っても毛羽立たない頼れるヤツです。また、木炭紙には規則的な漉目が施してあり、木炭の食いつきをよくし、その細かな凹凸を利用して、描画に豊かな調子の幅をもたらします。あと吸い込みで鼻が真っ黒になります。嫌ならマスクですが、大体の人は気にしません。鼻をかんでは「わぁ〜がんばったなぁ〜」と思うはずです。
それでは最後に最近の作品の工程を・・・↓

P3010324.jpg

後ろのポスターは高校の大先輩でもあり、母校の指導にあたられた礒江毅さんのバニータス。いつもこっちを見てくれているので、気が引き締まります。

P3030409.jpg

パステルに移行した現在。↑まだ全然途中ですあせあせ(飛び散る汗)
この作品は次回展示に出せたらと考えています。
★展覧会情報はコチラ→http://www.ohtaniikuyo.com/news/news.htm
完成がどんなになっているか、ご都合良ければ観に来てくださいませ。
長い稚拙な文章をお読みいただき、ありがとうございました。
posted by Ikuyo at 02:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 使用画材について
この記事へのコメント
おお!すごく参考になりました。
描いて「ふあぁ〜」の繰り返しで
あの綺麗なグラテーションがつくられてたんですね〜。

ほとんど木炭の描画跡がないスーパーフラット
な(この言葉つかっていいのか?)木炭画ですものね
大谷さんのって。

もしよかったら使用木炭など教えていただけませんか?やっぱり「伊研」さんですか?
Posted by turu at 2009年03月10日 20:13
コメント、ありがとうございます!!いつもながら返事が遅くてごめんなさい(^−^;)
使用木炭は伊研さんです。ウィンザーニュートンからも出ていて店頭にも並んでいますが、日本では圧倒的に伊研から出ているものが多く種類も豊富にあります。その中でも高熱処理した柳をよく使っています。木炭は単純なのに本当に変幻自在の画材です。私もまだまだ使いこなせていないので、これからも色々とやっていきながら美しい表現を目指したいと思います。
こんなダラダラしたブログにお付き合いしていただいて、感謝です。
Posted by IKU at 2009年03月17日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27417015

この記事へのトラックバック