2018年08月26日

アートコレクターズ9月号掲載や諸々お知らせ

803AD16C-5B21-44D9-B123-1F8183401B61.jpeg

個展まであとおよそ2ヶ月ぐらいになってきました。
精神的に焦りが凄いことになってきていますが、
とにかく作品たちを前に進めてまいります。
DMや詳しい告知は出来次第改めてさせていただきますが、まずはお知らせを。

ぴかぴか(新しい)【大谷郁代展】ぴかぴか(新しい)
会期:2018年11月6日(火)〜16日(金)
会場:ギャラリー和田
http://www.gallery-wada.jp/home.html
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-8三神ALビル1F
問い合わせ先:TEL:03-3561-4207 / FAX:03-3561-0276
Eメール:wada@f6.dion.ne.jp
営業時間11:00〜18:30
休廊日:日曜日、祝祭日、常設時の土曜日(土曜日は個展開催時開廊)

2329B26B-7292-4825-9D5D-34853594528F.jpeg

5FB18A84-3AEB-4DC8-9295-755D0CF49993.jpeg

※画像は過去ギャラリー和田さんで行った個展の際のものです左斜め上
2010年と2013年に行わせていただきました。
どうぞよろしくお願いしますexclamation×2
------------------------------------------

F7B89040-3DF7-46E7-8A25-B8BB20A8C5B9.jpeg

E1E51EB6-62B6-474F-AA4B-0264998558C1.jpeg

アートコレクターズ 2018年9月号に拙作を掲載していただきました!
(2018年8月25日発売)
今回の個展の告知も入れていただきました。
https://www.tomosha.com/collectors/

星2巻頭特集「古今東西老若男女 人物表現 selection」という見出しです。
鶴さんの絵が表紙❣️

5B07D3E5-95E8-48A7-B96B-6094BA301BF0.jpeg

22F0EDA5-238D-4D93-B7F6-B1A14FE36D5C.jpeg

人物にクローズアップした内容ということで、野田弘志さん、かないみきさん、土屋誠一さんらの特集が組まれています。
「インタビュー」のページでは広島市大油のいっこ上の先輩、甲冑や鎧兜をまとった雰囲気ある人物像の立体作品で知られる野口哲哉さんが紹介されています。野口さんは今、ポーラミュージアムで個展中で大活躍ぴかぴか(新しい)

野田先生は天皇皇后両陛下を描いた作品が↓

5437EC58-063A-43BD-A522-428301666141.jpeg

良かったらお手にとっていただけるよう、どうぞよろしくお願いしますにこにこ

掲載作品は8月29日から日本橋三越さんで始まるリオンソー展に出品予定です。
是非現物も観ていただけたらとお願い申し上げます。

ARTcollectors'(アートコレクターズ) 2018年 9月号 雑誌 – 2018/8/25
生活の友社 (編集)
Amazon下指差し
https://www.amazon.co.jp/ARTcollectors-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA-2018%E5%B9%B4-9%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%81%AE%E5%8F%8B%E7%A4%BE/dp/B07F7W7WW3
------------------------------------------

9D0ABC97-549E-42AA-8635-09376CE62479.jpeg

ECB56F4E-6D6F-41C9-9000-FA6581AB96F9.jpeg

今月29日より日本橋三越さんでのリオンソー展が始まります。
拙作紹介も含めて30秒動画を作ってみました。
Facebook、Instagram、Twitterのタイムラインに投稿しています。
良かったらご覧ください。(ブログの最後にアカウントをのせています)
※夏の恒例の玄関での金魚の展示は昨年の画像を動画に使用。
今年はどんな感じか、お近くの方は是非観に行っていただければ。

▼リオンソー ルネサンス 2018デジタルカタログ
https://my.ebook5.net/mitsukoshi/artlionceaux180829/
(※販売の都合で一部抽選がございます。作品についてのお問い合わせは美術画廊まで。)
【会期】
2018年8月29日(水)〜9月3日(月)
10:30〜19:00(最終日は17:00まで)
ひらめき以前のお知らせで19:30と書いてしまっていました。すみませんあせあせ(飛び散る汗)訂正します。19時閉場です。
【会場】
日本橋三越本館6階美術特選画廊A(全面)
〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1 
TEL:03-3241-3311
https://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/floor/main_6f/art/schedule.html
ひらめきイベント予定日:9月1日(土)
14時からギャラリートーク
今年は例年と違った初の試みで「リオンソー総選挙2018」と題しまして、会期初日の8月29日よりお客様からいいなと思った作品にご投票をいただき、トーク中に発表があるそうです。
そして、1位に選ばれた作家のオリジナルカレンダーを後日作成し、完成したカレンダーは、当該作家にご投票いただいたお客様の中から抽選にて進呈となるそうです。
※当選者の発表は、発送をもってかえさせていただきます。
私は今回、会期中に会場に行けないのですがあせあせ(飛び散る汗)
もし良かったらどうぞよろしくお願いします。
※もしかしたら内容等予定の変更があるかもしれません。お問い合わせは日本橋三越美術画廊さん係の方までお願いします。

922759CB-A233-440C-A25E-CF54F8238934.jpeg

昨年は◯×クイズ大会みたいなレセプションパーティーで、景品として上画像の色紙を描きました。
色紙に描くの初めてで、どういうのが良いのか悩みました…
こういう時、なんかキャラクターとかあればいいのになー、どーしよー…
色紙に格言とか大事にしてる言葉とか書く人いるなー…と思いまして、
私も名言的な言葉『I do not seek, I find.(探すんじゃない、見つけるんだ)』を添えました。
ピカソの名言です。
当たった方、喜んでくれて嬉しかったです。
今年はどんな感じになるのでしょうかわーい(嬉しい顔)

【出品作家(敬称略)】青木 恵美子、青木 成実、穴畑 三千昭、石田 淳一、伊勢田 理沙、市川 光鶴、伊藤 隆之、伊藤 尚尋、今井 喬裕、大路 誠、大谷 郁代、大槻 透、大沼 蘭、岡田 佐知子、奥谷 太一、加藤 正悟、金丸 悠児、絹谷 悠、木下 拓也、児島 新太郎、後藤温子、小林 宏至、小森 隼人、塩月 悠、平 俊介、立石 真希子、谷原 菜摘子、茶谷 雄司、津田 やよい、中尾 直貴、中島 健太、仁戸田 典子、野口 俊介、馬場 洋、M田 尚吾、福島 万里子、松村 浩之、森 洋史、谷下田 朋美、八頭司 昂、湯真 藤子、弓手 研平、𠮷中 裕也、米村 太一、浅岡咲子、卯野 和宏、渡辺 香奈

リオンソー展は、三越のシンボルでもあるライオン像のもとではばたく、 若きアーティストたちを応援する企画として始まりました。 これまでさまざまな表現で挑む作家をご紹介し、多くのお客さまと繋が ることを大切にしてまいりました。 本展は、一昨年より新たにリオンソー ルネサンスとして生まれかわり、 更にアートとふれあう感動をお届けしていきたいと存じます。 ぜひ、アートの曙、リオンソー ルネサンスをご高覧くださいますよう ご案内申しあげます。
(日本橋三越本店)

------------------------------------------

F1EC24F2-E04B-47E6-A758-DF9A24EF6EC4.jpeg

私が講師を務める講習会のご案内です。
実施日は9月9日(日)!
お申し込み受付中です。
講習会ではブグローの「アムールとプシュケー、子どもたち」をパステルと木炭で模写します。
フライヤーの画像は私が見本として描いた模写作品です。

9FA5D2A5-224B-43C0-BA47-97C42F181691.jpeg

「サクラアートサロン大阪」ブログにて募集記事が掲載されています下指差し
https://blog.goo.ne.jp/art-salon/e/c12c2256f1d5bd346692ec0d3c0ba14d

【華やかに彩るパステル画ー名画の部分模写で学ぶ ブグローの『天使』】
と題していただきました。
ここでこまかく言うと、実はこの子どもたち、「天使」ではなく、「神様 ・エロス」と「人間から神様になったプシュケ」が子どもの姿として描かれているものです。
この絵ではギリシア神話におけるエロースに相当する、ローマ神話の登場人物クピードーを指しています。
ネット上には絵にお詳しい方も多くおられるので、一応訂正しておきたいと思います平謝り‍♀️

64BBC46A-DBB0-452C-A5DD-72A2BEF79B31.jpeg

5225D22F-9AA1-4266-9FBD-C0C6F9A54FC1.jpeg

大谷郁代 「Cupid and Psyche as Children」
William Bouguereau 」模写
2018年 紙にパステル、木炭で描画

『「アムール」はフランス語で「愛」を意味する言葉であるが、ここではギリシア神話におけるエロースに相当する、ローマ神話の登場人物クピードーを指しており、「プシュケー」は古代ギリシアにおいて、もともとは息、転じて生命、また心や魂を意味する言葉であるが、ここではローマ神話のプシューケーを指している。
この作品にはアムールとプシュケー(クピードーとプシューケー)が、幼い子供の姿で、抱擁し、接吻している様子が描かれている。』(←Wikipediaより転載、引用)

60A10BDC-8C78-41F4-B29E-F09183AB5AFE.jpeg
『クピードー』
ウィリアム・アドルフ・ブグロー 1875年

『クピードー(Cupido)は、ローマ神話の愛の神。日本語では長母音を省略してクピドとも表記される。アモール(Amor)とも呼ばれる。日本では、英語読みのキューピッド(Cupid)やキューピットで知られる。ギリシア神話のエロースと同一視される。
エロースと若干異なり、背中に翼をつけて恋の矢を撃つ気紛れな幼児として描かれることが多い。そのため、恋人達の恋愛成就の助けになることを「恋のキューピッド」ということが多い。エロース(Ἔρως,Erōs)は、ギリシア神話に登場する恋心と性愛を司る神である。ギリシア語でパスシオン則ち受苦として起こる「愛」を意味する普通名詞が神格化されたものである。
ローマ神話では、エロースには、ラテン語でやはり受苦の愛に近い意味を持つアモール(Amor)またはクピードー(Cupido)を対応させる。
クピードーは後に幼児化して、英語読みでキューピッドと呼ばれる小天使のようなものに変化したが、元は、髭の生えた男性の姿でイメージされていた。
古代ギリシアのエロースも同様で、古代には力強い有翼の男性あるいは若々しい青年であり、やがて、少年の姿でイメージされるようになった。エロースの象徴は弓矢及び松明である。』(←全文引用)

6483302C-C666-4314-A4FF-B0C347A375B3.jpeg
『エロスを退ける少女』
ウィリアム・アドルフ・ブグロー1880年
967D3E66-5085-4B22-BFFD-3BC1B3C60875.jpeg
『黄金の箱を開けるプシューケー』
ジョン・W・ウォーターハウス

『プシューケー(Ψυχή, Psȳchē)とは、ギリシア神話に登場する人間の娘の名で、この言葉は古代ギリシア語で心・魂・蝶を意味する。 日本語では、長母音を省略してプシュケ、または俗ラテン語読みでプシケーとも言う。児童向けの本では英語読みでサイキと表記される事もある。 アプレイウスのラテン小説「黄金のろば」の中の挿話として登場する。ラテン文学であるため、ウェヌス、クピードーといったローマ神話の神名が用いられているが、ギリシア神話の一編として紹介される場合、アプロディーテー、エロースとギリシア神話の神名に直されていることが多い。本項の説明においては原書のとおりローマ神話の名前で表記する。』(←全文引用)

講習会では始めに絵の説明をするので、受講者さんにはその時にまたご説明させていただきたいと思います。

木炭とパステルで描く特別講講習会です。
パステルや木炭などの制作材料諸々込みで、会員様でなくても、どなた様でも1日のみの受講が出来ます。
みなさまのご参加お待ちしておりますにこにこ
(!️定員を超える場合は抽選となります。)

開催日:2018年9月9日(日)10:00〜16:30ごろ
講師:大谷郁代
場所:サクラアートサロン大阪
〒530-0015 大阪市北区中崎西2丁目4番12号
梅田センタービル北館
お問い合わせ先:
TEL:06-6292-7080(代)
FAX:06-6292-7081
サクラアートサロンHP下指差し
http://www.craypas.com/artsalon/index.html
PDFダウンロード
https://www.craypas.com/artsalon/01osaka/pdf/20180909.pdf

ネットからもお申込み出来ます!
星2講習会参加お申込みフォーム下指差し
https://business.form-mailer.jp/fms/95b1681980236

D0BF35CA-5A05-4D24-83C5-3883A8D85757.jpeg
82ACCB03-3DE9-417A-BF22-2D6322E2D1EA.jpeg

27A9BC90-B386-41B4-8116-4E62AD87C9C2.jpeg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BDD334CE-0D01-4D49-9D0D-D3F08C5A59E8.jpeg

81EB2262-264A-44E3-A690-DE2A35D2801C.jpeg

久しぶりに広島から友人が来て、大学の後輩の京都の子と伏見稲荷神社や活版印刷さんなど街巡りしました。
お稲荷さんは小学校の遠足以来ぐらいやったけど、初めて「おもかる石」があることを教えてもらい、お願いごとしてきました。
お願い事をして石を持ち上げる、思った以上にその石が軽かった場合、叶うらしいです。
個展のこと、頼んできました(笑)
色々話して楽しかったし、しっかり制作頑張りますにこにこ

9C3BBD0C-93F8-4005-B142-8F76CFC87210.jpeg

F045B789-E550-45B6-ABA7-7B282464B542.jpeg

先だっての日本橋島屋さんで開催の【ちいさきものは みないとし〜現代コンパニオンアニマルズ】
拙作の展示画像は展覧会を観に行って下さった方が送ってくださいました。
暑い中、観に行ってくださった方がた、誠にありがとうございました。

-----------------------------------------
本【拙作掲載書籍の紹介】本

3B37471D-110D-4D6D-A04E-3BEED965C343.jpeg

4DFC1466-D81D-4F5B-AC0E-D803C3857E4E.jpeg

別冊太陽【写実絵画のミューズたち】(平凡社)
2017年11月27日発売
私は8ページにわたってインタビュー内容と作品図版5点を掲載していただきました。
豪華21作家の作品と写実絵画を紐解く文章が掲載されたボリューム満点、見応え満点の書籍です。
◆平凡社、別冊太陽編集部編、サイズ:A4変160ページ、本体価格 :2,300円+税
全国本屋さんの店頭、リンク先の平凡社から取り扱い各社にてネット購入できます。
http://www.heibonsha.co.jp/book/b314298.html
amazon、楽天ブックス、紀伊国屋書店、TSUTAYAon-lineなどで予約注文受付中みたいです。↑リンク先の平凡社のページをご覧ください
-----------------------------------------
『写実絵画の麗しき女性像』(タツミムック)
2018年1月22日発売

19F3AF4E-E7D4-4820-B7B0-46D3EEF72489.jpeg

作品や文章を掲載いただきました。
是非たくさんの方々に手にとっていただきたいです。
最後の見返しページにも私の作品「カレーニンの微笑」を使っていただきました
出版社名:辰巳出版 税込価格:1,836円
http://www.tg-net.co.jp/item/477782022X.html
(↓全国書店e–honページ)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-7778-2022-1&Rec_id=1010
-----------------------------------------
【写実絵画のすごい世界U(実業之日本社)】発売中!

A08FF64B-CE71-4D4A-9D2A-62A5654002C3.jpeg

10ページに渡り私の作品を掲載いただいております。
こちらは2013年12月に初版が発行されました。
2010年〜2013年に制作した拙作6点が載っています。
http://www.gekkanbijutsu.co.jp/shajitsu/syajituga2/
■実業之日本社、月刊美術編、サイズ:B5変 195ページ、本体価格 :1,900円+税
-----------------------------------------
私のホームページの更新が何年も出来ておらず、作品などもアップ出来ていないのですが…
(ホームページ…何とかしたいですが、すみません。)
以前の作品画像が載ってるサイトがあります。
ご参考まで見ていただけたらと思います。
http://www.kaifineart.com/2015/12/ikuyo-ohtani.html
(KAI FINE ARTという海外のサイトがまとめ、載せておられます↑)
https://matome.naver.jp/odai/2140566305653781201
(naverまとめ↑というサイト。14個目の画像が私の作品ではありませんが(~_~;))
-----------------------------------------
【今後の個展予定】
【大谷郁代展】
会期:2018年11月6日(火)〜16日(金)
会場:ギャラリー和田
http://www.gallery-wada.jp/home.html
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-8三神ALビル1F
問い合わせ先:TEL:03-3561-4207 / FAX:03-3561-0276
Eメール:wada@f6.dion.ne.jp
営業時間11:00〜18:30
休廊日:日曜日、祝祭日、常設時の土曜日(土曜日は個展開催時開廊)
※画像は過去の展示の際のものです
------------------------------------------
【大谷郁代展】
会期:2019年12月4日(水)〜10日(火)
会場:日本橋三越本店本館6階美術画廊
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/floor/main_6f/art/info01.html
所在地:東京都中央区日本橋室町1-4-1
問い合わせ先:03-3241-3311
午前10時30分開店〜午後7時30分閉店
最終日は午後5時閉場
※画像は過去の展示の際のものです。
------------------------------------------
【大谷郁代展】
会期:2020年秋〜冬頃
会場:日本橋島屋 6 階美術画廊
〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1
電話:03-3211-4111
http://www.takashimaya.co.jp/tokyo
------------------------------------------
【大谷郁代展】
2021年、名古屋松坂屋美術画廊で開催予定。
------------------------------------------

ひらめきSNSフォロー、良かったらよろしくお願いしますひらめき
お知らせなどちょこちょこ投稿しています。

•Twitter→https://mobile.twitter.com/mail06098959

•Facebook→https://www.facebook.com/profile.php?id=100005743422547&viewas=100000686899395

•Instagram→https://www.instagram.com/ikuyo_oh/
01B99359-777D-4005-B2F1-09743920F027.jpeg
9C804542-1330-4F13-BBC7-3F86A3E08B97.jpeg