2016年01月06日

小説と絵画

image.jpg

前回のブログでは、永年の夢が叶い、小説のカバーの原画を描いた件を書きました。→http://ikuyo.sblo.jp/article/171190392.html
今回は今まで出品した小説に関する展覧会と私の絵というテーマで書きます。

image.jpg

⑴「ストーリーテラーズ―小説と絵画―展」という展覧会に参加させていただきました。
2010年。その時のブログ→http://ikuyo.sblo.jp/article/41497966.html
月刊美術さんの企画のもと、出品者も錚々たる顔ぶれで、日本橋高島屋さんに始まり、横浜、名古屋を巡回する大きな展覧会でした。会場ではイッセー尾形さん×小杉小二郎さん、角田光代さん×小林裕児さんのギャラリートークも開催されました。 展覧会場には小説を読みながら絵画に触れることが出来るような机、椅子、書棚なども設け、文学と美術を融合させた展覧会という企画趣旨だと伺いました。その展示に参加出来ることにとても嬉しくて、興奮したことを覚えています。私は恩田陸さんの「三月は深き紅の淵を」(講談社)の作品をモチーフに描きました。

image.jpg

この小説は作中に出てくる「三月は深き紅の淵を」というタイトルの小説をキーとして、4編から成っていて、それぞれ話は異なります。私の絵は主にその中の「第四章 回転木馬」を描いています。第四章はシリーズとして(共通する登場人物が出てくる)「麦の海に沈む果実」、「黒と茶の幻想(上・下巻)」、「黄昏の百合の骨」などがあり、どれもとても面白かったです。 その中の「憂理」という女性のせつなさや脆く危ういバランスで懸命に生きている美しさと、この小説のノスタルジックな世界観がいいなと思い、描きました。(憂理はサブキャラで「黄昏の百合の骨」には出てきませんが)

image.jpg

月刊美術誌面でもこの展覧会に際し、大きく取り上げていただき、私の絵も載せていただきました。その時、制作に関してのコメントを求められ、以下のように答えています。
【実際登場する場面ではありませんが、オムニバスの中の第四章で描かれていく物語に着想を得て描きました。閉ざされたた学園の秘密の場所で、繊細で美しい少女が眩しい光を受けながら、窓の外を見つめているという場面です。本作から派生している別の小説からも様々なディティールをいただき、この情景を作り出しまし た。大好きな小説の続きを考えるような気持ちで、とてもワクワクして楽しかったです。言葉の無い物語のような絵にしたいと思いました。】

image.jpg

⑵「装幀画展U 文学とアートの出逢い」会場 麻布十番パレットギャラリー 
2014年。その時のブログ→http://ikuyo.sblo.jp/article/105272573.html

image.jpg

image.jpg

モチーフにした作品は小川洋子さんの「猫を抱いて象と泳ぐ」(文春文庫)です。
小川洋子さんの作品は、どれもホゥっと心に灯るような人間の優しさ、慎ましさ、懸命さ、丁寧な心持ちの美しさを感じ、大好きです。その分、自分が欲深な人間であることを思い知らされますが、そんな私でも読んだ後、少し優しくなれるような気がします。この「猫を抱いて象と泳ぐ」は無垢な魂をもったひとりの少年の数奇な人生をせつなくも美しく描きあげた作品です。http://bunshun.jp/pick-up/nekowodaite/
この時のカバーは自分でデザインし、販売目的ではなく、絵画の展覧会の世界観を広げるアイテムとして制作しました。

image.jpg

B「高橋千裕・御子柴大三・山本冬彦の推薦作家によるわたしの中の村上春樹イメージと創作」
会場 ギャラリー枝香庵
2015年。その時のブログ→http://ikuyo.sblo.jp/article/135474776.html

image.jpg

作品は村上春樹さんの「ノルウェイの森」(講談社文庫)です。
直子のイメージで描きました。
この時、高橋千裕さんにご推薦いただきました。
高橋さんは今回の「秘密の心臓」(チャイコ)で装幀をしてくださった方です。
高橋さんとは7年前ぐらいに銀座のギャラリーニケさんで出会ったのが最初だと思います。
当時、新潮社で働いておられ、絵を観て、いつか一緒にお仕事出来たらイイねって応援していただきました。とても励みになるお言葉で、嬉しかったです。
新井さんがお亡くなりになり、今はもうギャラリーはありませんが、大変お世話になりました。
ユニークかつお酒好きな方で、顔を出せば、ワインと美味しいお惣菜などを昼間から出して色々話して下さいました。たくさんご縁もいただきました。今でも色々思い出します。感謝しています。

image.jpg

image.jpg

↑ニケさんでのDM

なんだか長くなってきましたが、そんな流れで今回の小説の原画となるわけです。

image.jpg

1月19日に発売予定です。予約出来ます(^_^)
http://tchaiko.shop-pro.jp/?pid=96833839
形態:ソフトカバー A5判変形 138x210mm 388頁
価格1,850円(税抜き表示)
※チャイコから出版された書籍は「ゆうメール」にて送料無料。
また、Amazon、でも予約受付中です。
価格:税込1,998円(通常配送料無料)
http://www.amazon.co.jp

どうぞよろしくお願いします(^o^)/
posted by Ikuyo at 22:30| Book