2015年02月09日

大阪市立工芸高等学校に行って来ました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

大阪市立工芸高等学校の工芸高校展に行ってきました。
(あ、これ、去年のポスターだった…)
先日の私の神戸そごうでの個展に恩師K先生ご夫妻が来て下さりましたが、
その際、私の高校時代のデッサンが工芸にあるので、手元に戻してはどうかというお話もあり、行って来ました。

image.jpg

母校、工芸高校はインテリア、プロダクト、ビジュアル、建築、映像、美術の6つの科がある学校です。
http://www.ocec.ne.jp/hs/kogei/
私はそこの美術科で洋画コースを選択していました。
本館は、ドイツのヴァイマル工芸学校をモデルとして設計され、1924年に竣工、大阪市指定有形文化財に指定されています。今年で創立92年!卒業生には写実の大先輩、磯江毅さんもいらっしゃいます。(磯江さんはその後、母校広島市立大学にも指導に来られました。
そういえば、広島県立美術館で「スペイン・ リアリズム絵画の異才 磯江毅 ―広島への遺言―展」と題し、3月25日(水) 〜2015年5月24日(日)の期間、展示されるそうです!
この機会にまた広島行きたいな…
http://www.hpam.jp/special/index.php?mode=detail&id=126 )

工芸展は卒展みたいなものです。(1年生、2年生も出しますが…学年末発表のような場。)
せっかくなので、全科見ようと思っていたのですが…時間的に間に合いませんでした
_| ̄|○
友人にはなじられる始末でしたが、美術科の展示だけは観れました。

image.jpg

image.jpg

image.jpgimage.jpg

美術科棟は昔から超オンボロでしたが、耐震問題で現在絶賛改装中の様子でした。
そのせいで廊下は作品やら物でごったがえ。やっぱり卒業生の作品が残されている様子でした。
高校時代、私はそういうものに囲まれて、メラメラとやる気を燃やしていましたが、
やっぱりそういう作品は増える一方で、スペースの問題もありますからね…

image.jpg

image.jpg

懐かしの産業美術室!に来るように言われて、私の17歳〜18歳の頃の木炭デッサン5、6枚を返却してもらいました。↑
16、7年前かぁ〜(>_<)下手くそですが、やる気に満ち満ちているなぁと思います。マルス!
産美と言えば美術概論の授業でひたすら眠っていた記憶…懐かしいなぁ。
今もストーブを点けてデッサンをする高校生の姿がありました。入試ももうすぐなのかな?…工芸生頑張って!
石膏像と言えば、最近噂の「石膏ボーイズ」。
(石膏像の中からメジャーな4体(マルス・メディチ・聖ジョルジョ・ヘルメス)をピックアップしユニット化したもの。石膏像をこれまでにない角度から見つめなおすことにより、「美しい人」「イケメン」として扱い、あたかも芸能人であるかのような見せ方で活動を展開するプロジェクトなのだそうです。高度すぎる。)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1502/04/news120.html
YouTubeにあげられているPVが笑えました。美大系的笑いな気がするけど。

image.jpg

私は美術予備校に通っていなかったので、工芸の先生が頼りでした。
それなのに正体不明の自信家で、クセが強く、あまり先生の言うことを聞かないという、どうしようもない生徒でした。
先生方には根気強くお付き合いいただき、本当に感謝しています。

image.jpg

3階の廊下には私の作品や活動の紹介を掲示してくれていました。
(隣は学年一つ下の木版画をやっている水口かよこさん。)
先生方、本当にありがとうございました!
いつまでも大阪市立工芸高等学校の繁栄を祈っております。
…………………………………………………………………………………
ずっとほったらかしにしている私のホームページですが、
本日、一部更新をしました。http://ohtaniikuyo.com
このホームページも高校時代の友人に作ってもらったものです。
◯っちゃん、いつもありがとう!
…………………………………………………………………………………